「100年にひとりの逸材!」ももクロ・高城れに、スウェーデンのスポーツ「クッブ」で新たな才能が開花!

テレ朝POST

「ももクロちゃんと、〇〇◯!」をキーワードに、ももいろクローバーZがさまざまなモノや人と出逢い、新たな発見をする“アンコントロールバラエティ”『ももクロちゃんと!』。

今回のゲストはこれまでももクロと多くの番組で共演しているオテンキ・のり。オープニングから、メンバーも慣れた様子でのりのトークにツッコミを入れる。

今回、のりが持ち込んだテーマは「クッブ」。聞き慣れないワードに、困惑するももクロの4人。

「クッブ」は、スウェーデン発祥の「的当て」と「陣取り」を合体させたようなチーム対戦型の薪投げスポーツで、日本でも競技人口が1万人を超えるなど、ここ数年で徐々に広がっているという。

「クッブ」の指導員の資格を持ち、自身のチームも立ち上げたというのり。「難しそう…」とこぼす玉井詩織に、のりが薪投げの手本としてカッコいいところを見せようとするが、ここでまさかの失敗。「当たるんだよね、本当は?」と百田夏菜子にツッコまれていた。

今回は通常の半分のサイズの4メートルのコートを使用し、百田・佐々木チームと玉井・高城チームに分かれて特別ルールで対決。自分の陣地のクッブが倒されたら、罰ゲームとしてクッブに書かれた指令にチャレンジする。

高城れに、玉井が次々と薪を投げるが、最初はなかなか当たらない…。そして5投目でようやく高城が「メンバーのモノマネ」という司令が書かれたクッブを倒した。

さっそく百田が昔の佐々木彩夏の自己紹介「あーりんだよ♡」を披露するが、メンバーの反応はイマイチ…。

後攻の百田・佐々木チームは、先に敵に倒されたクッブ(フィールドクッブ)を倒さないと相手に攻撃できないというクッブの公式ルールのもと、佐々木が3投目で見事にフィールドクッブを倒すが、相手の陣地のクッブは倒せず。

「メンバーのモノマネ」のクッブを倒された玉井が「甘えん坊が過ぎるときのれにちゃん」を披露し、こちらは大ウケ。

そんななか、高城は見事に1投目でフィールドクッブを倒す。「100人にひとりの逸材ですよ!」と、高城の好投にのりも大興奮。さらに波に乗った高城・玉井は次々と相手のクッブを倒し、いよいよキング・クッブに挑戦。あまりの好調さに、のりも驚愕していた。

これを倒せば勝ち…というプレッシャーのなか、見事に高城の1投目がキング・クッブに命中。高城・玉井ペアが圧勝を収める結果となった。

そして、敗れた百田・佐々木チームは「ビリビリペン」「変顔」など過酷な罰ゲームに挑戦。そして玉井・高城チームにはのりからとっておきのプレゼントが…。

「クッブ」で新たな才能を開花させたももクロ。さらに腕を磨けば、スウェーデン進出もあるかも…?

※番組情報:『ももクロちゃんと!
2022年2月12日(土)深夜3:30~、テレビ朝日

※『ももクロちゃんと!』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※過去回は、動画配信プラットフォーム「テラサ」で配信中!

PICK UP