上原ひろみ、ドラマ『となりのチカラ』で“あの名曲”を奏でる!松本潤演じる主人公に「楽しみ」

テレ朝POST

2022年1月期のテレビ朝日木曜ドラマとして放送される松本潤主演『となりのチカラ』。

その主題曲をピアニスト・上原ひろみが手掛けることが発表された。

日本国内だけにとどまらず、世界のジャズシーンをけん引するピアニストである上原ひろみ。矢野顕子、DREAMS COME TRUE、東京スカパラダイスオーケストラとのコラボや東京2020オリンピックの開会式でのピアノ演奏など、常に目覚ましい活躍を見せている。

そんな上原が手掛ける『となりのチカラ』の主題曲。それは1961年にリリースされた坂本九さんの名曲『上を向いて歩こう』のピアノアレンジ。しかも毎話違ったアレンジで聴かせるという。

今回の主題曲決定に上原は「自由にのびのびとやらせていただいて、感謝しています」と喜びのコメント。

「物語の中のキャラクターに寄り添いたいという気持ちを曲に落とし込みました。いろいろな背景や物語をもった人物が登場するので、その人たちの気持ちを少しでも音楽で代弁できるように、毎話アレンジを変えました」と楽曲へのこだわりも明かした。

また、主演の松本とは「お芝居と音楽という形ではじめて一緒にお仕事できることが楽しみ」とタッグを心待ちにしているそう。「松本さんが演じる中越チカラは、今まで演じられたことのないようなキャラクターだなと思ったので、そんな松本さんを見るのも楽しみです」と作品への期待も寄せた。

世界を舞台に活躍する上原の音楽がどのようにドラマと融合し、そのなかで輝きを放っていくのか注目だ。

なお、主題曲・上原ひろみの楽曲と『となりのチカラ』特別コラボ動画が現在YouTubeで公開中となっている。

 

◆上原ひろみ コメント(全文)

『上を向いて歩こう』のアレンジを非常に自由にのびのびとやらせていただいて、感謝しています。

『となりのチカラ』の台本をいただいて読み、この物語の中のキャラクターに寄り添いたいという気持ちを曲に落とし込みました。曲が映像と一緒になって、皆さんのもとに届けられるのが今から楽しみです。

この作品には一話一話、いろいろな背景や物語をもった人物が登場するので、その人たちの気持ちを少しでも音楽で代弁できるように、全話アレンジを変えた『上を向いて歩こう』になっています。

松本潤さんが演じる中越チカラは、今まで演じられたことのないようなキャラクターだなと思いました。そんな松本さんを見るのも楽しみですし、お芝居と音楽という形ではじめて一緒にお仕事できることも、とても楽しみです。

※番組情報:木曜ドラマ『となりのチカラ
2022年1月20日(木)スタート!【毎週木曜】よる9:00~、テレビ朝日系24局