声優・伊藤美来、『仮面ライダーリバイス』参戦で喜び爆発!「夢が叶いました!」

テレ朝POST

9月5日のスタート以来、大反響を巻き起こしている『仮面ライダーリバイス』。

11月28日放送の第12話では、主人公・五十嵐一輝(前田拳太郎)の妹・さくら(井本彩花)が、ついに仮面ライダージャンヌに変身。演じる井本自身も、役柄のさくらも現役女子高生という新たな仮面ライダーが誕生した。

そして、さくらが内に秘めていた“悪魔”もはじめて姿を現し、その全貌が明らかになった!

◆キュートな悪魔を演じるのは人気声優・伊藤美来

仮面ライダージャンヌは、コブラをモチーフにしたブルーのボディに黄色の差し色が映えるスーツが特徴。

空手を基にした華麗なアクションが持ち味で、キックやパンチを繰り出すたびにマスクについたポニーテール状の飾りが揺れ、女性ライダーならではの優雅さを感じさせるデザインだ。

『仮面ライダーリバイス』の世界では、ライダーに変身する人間には原則、悪魔が相棒として存在しており、主人公・一輝の悪魔“バイス”は、ハチャメチャだけど憎めないユーモラスなキャラクターで人気。マルチに活躍する人気声優・木村昴が声を演じていることも大きな話題を集めている。

そして今回の放送で明らかになったのが、仮面ライダージャンヌに変身するさくらの悪魔、その名も“ラブコフ”。

コブラをモチーフにした愛らしい2頭身キャラクターで、甘くキュートな声で「ラブーー」と話すのが特徴。そんなラブコフの声を演じるのが人気声優・伊藤美来。

『五等分の花嫁』、『BanG Dream!』、『プリンセスコネクト!Re:Dive』などの人気作に出演する今をときめく声優だが、じつは生粋の特撮ファン。ラブコフの声を演じてほしいというオファーに二つ返事でOKした。

◆井本彩花もキュートな声にメロメロ!

ラブコフ役で『仮面ライダーリバイス』に参戦することとなった伊藤は「私は小さいころから仮面ライダーシリーズが大好きで、ヒーローショーに通ったりベルトを集めたりするヒーローオタクです。私自身がこれまでたくさんの場面でヒーローに救われました。そんな作品に関わることができて本当に光栄です!」と今回のオファーに大感激。

これまで『劇場版 仮面ライダーゼロワン REAL×TIME』(2020年)に実写ゲストとして出演したことはあるものの、仮面ライダーシリーズのキャラクターの声を担当するのは初めての挑戦で「仮面ライダーのキャラクターに命を吹き込むという夢が叶いました」と本業の声優として携わることができて大喜び。

一方、さくら役の井本も「さくらの悪魔・ラブコフちゃんは、伊藤さんの声でかわいさが増し増しです。伊藤美来さん、これからよろしくお願いします!」と悪魔なのに天使級のかわいらしさを放つラブコフ&伊藤の声の魅力に早くもメロメロに。

はたしてキュートな悪魔・ラブコフは、ジャンヌとともに本作でどんな存在感を見せるのか。

五十嵐家の3兄妹が仮面ライダーとして勢ぞろいし、ドラマはますます加速していく。

◆伊藤美来(ラブコフ役) コメント(全文)

私は小さいころから仮面ライダーシリーズが大好きで、今でも毎週見ていて、ヒーローショーに通ったりベルトを集めたりするヒーローオタクです。

私自身がこれまでたくさんの場面でヒーローに救われました。そんな作品に関わることができて本当に光栄です!

もちろん『仮面ライダーリバイス』も放送開始から応援していたので、決まったときはとても驚きました。仮面ライダーのキャラクターに命を吹き込むという夢が叶いました。

不思議で可愛いラブコフを皆さんに愛してもらえるよう精一杯演じます!

これからのジャンヌとラブコフの活躍にぜひ注目してもらえたら嬉しいです。

◆井本彩花(仮面ライダージャンヌ/五十嵐さくら役)コメント(全文)

伊藤美来さんにお会いしたいです!

アフレコは何度もやっているのですが、スケジュールの関係などでまだ一度もご一緒したことがないので、実際に見てみたいというのが今の思いです!

さくらの悪魔・ラブコフちゃんは、伊藤さんの声でかわいさが増し増しです。とにかくラブコフちゃんは癒しキャラとなっています。

伊藤美来さん、これからよろしくお願いします!

※番組情報:『仮面ライダーリバイス』第13話
2021年12月5日(日)午前9:00~9:30、テレビ朝日系24局

※過去回は、動画配信プラットフォーム「テラサ」で配信中!

PICK UP