彰人(中尾暢樹)のプロポーズで、シオン(鈴木康介)と彰人が衝突! 「二度と恋はしない」と誓ったはずのひかる(若月佑美)の恋が動き出す…!『セレブ男子は手に負えません』(第6話)

公開: 更新: ABCマガジン

仕事に対して冷徹で相手を見下すような振る舞いをみせる面と律(本田響矢)やルカ(井手上漠)に見せる友だち思いな面。相反する性格を内に秘めてきたシオン(鈴木康介)の“仮面”が引きはがされていく第6話。そのきっかけは、かつてシオンがクビにしたデザイナー・寺崎(五十嵐諒)の復讐劇…!

クビに納得できない寺崎に対して「俺のやり方に文句がある奴は必要ない」と突き放したシオン。その刹那、寺崎は隠し持っていたナイフでシオンを強襲する。しかし、そのナイフが突き刺したのは、シオンをかばったルカの左腕だった…。

「一生懸命頑張ってくれた部下を、俺は見下していたんだ。だからこんなことに…」 これまでの自分の行いによって、ルカを傷つけてしまったことに呆然となるシオン。

©ABC・DLE

自己嫌悪に塞ぎ込んでしまったシオンを優しく励ましたのは律だった。“お前は選ばれた人間だ”と言い続けてきた両親に抵抗し嫌悪しながらも、いつのまにか嫌悪していたはずの両親のようになってしまっていた。だけど、本当は友達のことを大切にしたい――そんな叫びにも似た本心を硬く覆っていた鎧のようなシオンの冷徹さが解けていく。

その一方で、シオンとは対照的に、シオンをかばってケガをしながらも気丈に明るく振る舞うルカ。

「な~んでケガした私が励まさないといけないの?」

自分よりも他人を優先するルカの思いやりにあふれた一面。しかし、モデルにとって傷は致命傷だ。ルカが抱える大きな不安は今後のストーリーに暗い影を落とすようにも感じられた。

©ABC・DLE

ルカの診療へと付き添ったひかる(若月佑美)は、彰人(中尾暢樹)から思いがけない告白を受ける。

「僕との結婚、考えてみてくれないか」 有名病院の御曹司で、誰に対しても優しく、しかも借金をすべて肩代わりするとまで言ってくれる彰人からの本気のプロポーズに、夢のようなシンデレラストーリーを思い描くひかる。だが、思い浮かべるのはシオンからの「お前がいてくれないと、困る」という言葉。

©ABC・DLE

手に負えなかったセレブ男子たちの、内に秘めた心情が徐々に明らかになっていく中で、「もう二度と恋はしない」と誓ったひかるに訪れたまさかの人生の転換期…! だが、このプロポーズが、シオンと彰人の関係性に大きなひずみを生むことに⁉

仕事と友情の間で悩んでいたシオンは、友情と芽生え始めた恋心に揺さぶられていく中、ひかるに迫る決断の時!? 「2度と恋はしない」と誓ったはずのひかるの恋が動き出す『セレブ男子は手に負えません』は、TVer・ABEMAで無料見逃し配信中。

<文・ニノマエヒビキ>

PICK UP