「ほ~このおばさんやるね」「そんなに美しい方とは言わん」 炎上したあの人のルッキズム発言の真意は?

公開: 更新: ABCマガジン

「裏金問題」に続く新たな騒動が自民党で発生! なんとあの人が、女性外務大臣の名前を間違えたうえに、彼女に対して「おばさん」「美しい方とは言わん」などと発言したのだ。「ルッキズム」だと批判が殺到したこの発言に、専門家は「真意がある」と言うが……!?

©️ABCテレビ

【動画】裏金や失言で問題が山積みなのに、岸田内閣の支持率がアップ……一体なぜ?

©️ABCテレビ

問題発言で炎上しているのは、自民党の麻生太郎副総裁だ。1月28日に福岡県内で行われた講演にて、麻生副総裁は上川陽子外相の名前を「カミムラヨウコ」と間違えた。さらに、「俺たちから見ても『ほ~このおばさん、やるねぇ』と思いながら」「少なくとも、そんなに美しい方とは言わんけれども(外務大臣として海外の要人らに)自分でどんどん会うべき人には予約をとっておる」「新しいスターが育ちつつあるんだと思いますね」と発言した。

©️ABCテレビ

麻生副総裁のこの発言に対して上川外相は、「どんな声もありがたく受け止めております」とコメント。一方、批判が殺到した麻生副総裁は、2月2日に「撤回させていただきたい」と謝罪した。

©️ABCテレビ

政治ジャーナリスト・青山和弘氏いわく、麻生副総裁の一連の発言は、「上川氏の名前を挙げて岸田総理を牽制したかっただけ」だという。「上川さんは解散した岸田派なんです。『あんたのそばにだって次の総理大臣候補がいるぞ』っていう牽制発言だった」と麻生副総裁の真意を推測した。そして、上川外相に対しても「(彼女は)自分が総理候補になることは嬉しいし、麻生さんが引き立ててくれることを頼りにしている」と自身の見解を述べた。

©️ABCテレビ

しかし、麻生副総裁なりに上川外相を評価していたとしても、もっとスマートな言い方はできたはず。そのため姉妹漫才コンビ「海原やすよ ともこ」の海原ともこは、「麻生さんはそう思ったのかもしれないけど、それは言わなくてもええやろ」「褒めてくれるんやったら、いっちょ嫌なことを言わんでええのになって。素直に褒めてよと思う」「(同世代の議員に)ちょっとウケると思ったんかなぁ」とコメントした。

©️ABCテレビ

なお、麻生副総裁の問題発言をはじめ、混乱が続く岸田内閣について紹介された情報バラエティ番組『教えて!ニュースライブ 正義のミカタ』2月3日放送回は、動画配信サービスTVerで無料配信中。 ほかにも2月3日放送回では、北朝鮮・ロシア・中国と向き合う日本の国防の問題や、アメリカのトランプ氏が大統領選挙で再選した場合の世界への影響についても学べる。

PICK UP