裸の赤髪少女(CV:黒沢ともよ)の悲痛な過去…彼女を“買った”外道僧侶(CV:津田健次郎)は何者!?/『戦国妖狐』第2話

公開: 更新: ABCマガジン

戦国バトルファンタジーアニメ『戦国妖狐』第2話で、人間を殺しまくる超巨大な魑魅魍魎の中から、裸の赤髪少女(CV:黒沢ともよ)が現れた! 天真爛漫な彼女には殺戮の記憶がなく、あるのは自分を売った実の父親と買い手の僧侶(CV:津田健次郎)のことだけ……。少女の辛い境遇に胸が苦しくなる。

©︎水上悟志/マッグガーデン・戦国妖狐アニメ化事業部

【動画】なぜ彼女は化け物になったのか?

 

原作は、漫画家・水上悟志の同名コミック。アニメは、「世直し姉弟編」「千魔混沌編」の2部構成で放送される(全3クール)。第1部「世直し姉弟編」の主人公は、「仙道」こと仙術使いの迅火(CV:斉藤壮馬)だ。彼と、妖狐の義姉・たま(CV:高田憂希)の世直し旅が描かれる。第1部第2話(1月17日深夜放送)で、迅火たちは「闇(かたわら)」と呼ばれる魑魅魍魎・灼岩(CV:黒沢ともよ)と戦った。

©︎水上悟志/マッグガーデン・戦国妖狐アニメ化事業部

迅火との激しい戦闘の末に倒れた灼岩は、超巨大で奇怪な姿から赤髪の可憐な少女の姿に……! 裸で横たわる灼岩は、実はもともと人間! 幼い頃から人間離れした霊力を持っており、霊力僧兵集団によって闇と融合させられ、「霊力強化改造人間」になって暴走していたのだ。目が覚めた彼女は大量虐殺を覚えておらず、「なんかお手数おかけしたみたいで……」と迅火たちに申し訳なさそうだった。

©︎水上悟志/マッグガーデン・戦国妖狐アニメ化事業部

人間だった頃から村人たちに迫害され、人体実験で闇になった灼岩。実験体になったその経緯も悲しい。なんと彼女は、金に目がくらんだ実の父親によって、人体実験の主導者である謎の僧侶(CV:津田健次郎)に売られたのだ。X(旧Twitter)上では、「灼岩ちゃん 見るだけで大粒の涙が出る」「こんなかわいい子をあんな姿にするとか許せん……」「タイトルの灼岩ってなんのことかと思ったらまさかの美少女でした!! 生い立ちが悲しすぎる」といった声が寄せられた。

©︎水上悟志/マッグガーデン・戦国妖狐アニメ化事業部

灼岩の父親を金で言いなりにさせ、「欲しいだろ? 居場所が」「欲しいだろ? 力が」といった言葉で灼岩本人の心に付け込んだ謎の僧侶は、一体何者なのか? 謎の僧侶の声を演じるのは、人気声優の津田健次郎! 第2話の彼の登場シーンは短かったものの、Xでは「これは悪いツダケン」「うさんくさいツダケンだ!」「ツダケン出てきた嬉しい」「この外道そうなツダケンよ」といった声で盛り上がった。

なお、アニメ『戦国妖狐』は、毎週水曜深夜2時14分より放送中(動画配信サービスTVerにて見逃し配信を実施中)。

©︎水上悟志/マッグガーデン・戦国妖狐アニメ化事業部
©︎水上悟志/マッグガーデン・戦国妖狐アニメ化事業部

人間を殺しまくる超巨大な魑魅魍魎・灼岩の正体は、赤髪のかわいい少女(CV:黒沢ともよ)! なぜ彼女は化け物になったのか? その理由には、謎の外道僧侶(CV:津田健次郎)が関係していて……!? 戦国バトルファンタジーアニメ『戦国妖狐』を無料配信中

PICK UP