「かき」でうまいこと言ってみよう!DAIGOの無茶ぶりで“ダジャレ王”が完全復活!!

公開: 更新: ABCマガジン

なんと、年末から引きずっていたとは…。1月18日(木)放送の『DAIGOも台所~きょうの献立 何にする?~』で、“あの人”の完全復活がMCのDAIGOを喜ばせた。

©️ABCテレビ

この日のメニューは「かきのポン酢浸し」。今が旬の“かき”をバターとポン酢で香り豊かに仕上げたアレンジ料理を、辻調理師専門学校の簾達也先生から教わった。

簾先生といえば、今週月曜の15日、崩さずに使うはずの卵黄をうっかり握りつぶしてしまうミスをおかし、「最近ミスが多いので…」と“スランプ中”であることを告白したばかり。調理中に次々と繰り出す軽快なダジャレが視聴者にも好評なことから、“『DAIGOも台所』のダジャレ王”とも呼ばれる先生だが、近ごろは得意のダジャレすら絶不調という。

そんな先生に一日も早くスランプを脱してほしいDAIGOは、調理中に突然「“かき”ってダジャレ言いやすそうですよね?」と本日のメイン食材でダジャレを無茶ぶりする荒療治を決行。不意打ちにもかかわらず、先生は「“牡蠣”の漢字が難しいんで…かき(=書き)にくいですよね」と新作ダジャレをスラスラと披露し、DAIGOを感激させた。

©️ABCテレビ

これで勢いがついたのか、昨年12月の自身の痛恨のミスについて切り出した先生。「ちくわの天ぷら」の調理中、ちくわに巻いていた青じそをはがしてしまったミスを「ちょっと引きずってます」と明かすと、「あれから、しそで失敗しないように、しっそ(=質素)に生きてるんです」と見事な自虐ダジャレを披露。

DAIGOを「急に調子出てきた!(笑)スランプ終わったんじゃないですか?」と大喜びさせた。そんなダジャレ王の復活に視聴者も歓喜。「スランプ脱出?www」「おおー今日の簾先生、ダジャレではぜんぜんミスしてない」「絶好調のダジャレ王」などの反響が寄せられた。

©️ABCテレビ

『DAIGOも台所~きょうの献立 何にする?~』は動画配信サービスTVerで無料配信中。簾先生に負けじとDAIGOがエンディングにねじ込む、ちょっぴり強引な(?)ダジャレにもご注目を!

PICK UP