あの夏の感動をもう一度! 4年ぶりに甲子園に響いた「声」と高校野球にかける球児たちの「想い」

公開: 更新: ABCマガジン

今年も大きな盛り上がりをみせた夏の甲子園。4年ぶりに「声出し応援」が復活した球場には様々な声が響いた。甲子園に響いた「声」を通して、この夏を振り返ります!

©️ABCテレビ

「慶応が示した エンジョイベースボールのカタチ」

2023年夏の甲子園は慶応の107年ぶりの優勝で幕を閉じた。

丸刈りではない頭髪、常に笑顔でプレーする姿、練習では自主性を重んじ、監督をさん付けで呼ぶ。

これまでの高校野球のイメージとはかけ離れたチームの形。

「自分たちが優勝することで新たな可能性が示せる」

慶応が目指した、新時代の高校野球とは ―。

「花巻東・佐々木麟太郎が信じた声」

“高校通算140本塁打”1年生の時から注目を浴びてきた花巻東・佐々木麟太郎。準々決勝の相手は、史上7校目の夏連覇を狙う仙台育英。

試合は、0-9と大きくリードされ9回の攻撃へ

佐々木麟太郎はこの回、9人目のバッター。

絶望的ともいえる状況の中、花巻東ベンチから、誰ともなく声が聞こえてきた・・・「麟太郎まで回すぞ!」

すると、ひとり またひとりと打線がつながっていく―。

「届けたかった声 届けた想い」

千葉代表・専大松戸はアルプスの大声援を受け、3回戦に進出。

しかし、試合が行われた8月16日、試合開始になっても野球部の控え選手や吹奏楽部、チアリーダーは、まだ甲子園に到着していなかった。

前日の台風の影響で新幹線の運行に遅れが生じていたのだった。

ガランとしたアルプススタンドのなかで試合が進む… そのとき!甲子園に思いもよらぬ光景がひろがった。

 

「高校野球スペシャル2023 甲子園が聴いた声」は、ABCテレビで12月30日(土) あさ 7時から放送!

PICK UP