メジャーリーグよりも高い視聴率を取る少年野球の大会があった 全世界へ中継される「リトルリーグ・ワールドシリーズ」を斎藤佑樹が訪ねる

公開: 更新: ABCマガジン

©ABCテレビ

WBC優勝や夏の甲子園と、野球界が大いに盛り上がった2023年。
あらゆる現場に出向き、最前線でその様子を自分の目で見て、肌で感じてきた斎藤佑樹。その中でも忘れられない経験は、アメリカへの夢の旅だという。

©ABCテレビ

「未来の子どもたちのために野球場を作りたい」という大きな夢を持つ斎藤佑樹。
そんな彼が、一度は訪れたいと思っていたのが「リトルリーグ・ワールドシリーズ」だ。
少年野球・リトルリーグの世界一を決める大会だが、少年野球と侮ってはいけない。
試合は3万人以上の観客を集め、全米はもちろん、世界中に生中継される。

その舞台となるのは「聖地」と呼ばれる少年野球専用の野球場。

©ABCテレビ
©ABCテレビ

アメリカ合衆国ペンシルベニア州ウィリアムズポートで毎年8月に開催されるこの大会には、79か国から子供たちが世界一を目指して集まっている。2018年の優勝決定戦は、MLBレギュラーシーズンのどの試合よりも高い視聴率を記録するなど、日本の高校野球に匹敵する人気の大会だ。

1947年から続く大会で、今回日本からは武蔵府中リトルが参加している。このチームは過去に2度の優勝をおさめたことのある強豪だ。果たして今回、10年ぶり3度目の世界一の夢はかなうのか?

©ABCテレビ

開催地となる球場はまさに、斎藤佑樹が夢を実現するために、一度は訪れておきたい場所だった。「野球を通じて誰かの力になりたい」「自分が野球人生で感じてきたことを野球の未来へつなげたい」常日頃から抱いている思いを胸に、今年、斎藤佑樹が実際に大会を訪れ、球場を目の当たりにし、選手や大会を支える人たちと語って学んだこととはー 

©ABCテレビ
©ABCテレビ
©ABCテレビ

「斎藤佑樹 夢の旅 in USA ~ずっとこの野球場に来たかった~」
12月29日(金)深夜0時04分~ ABCテレビ(バーチャル高校野球で見逃し配信あり)

出演:斎藤佑樹

PICK UP