「奇跡の79歳」「芸能界一の筋肉モンスター」な超人キャスターがギャラ事情を赤裸々に告白 「出演料1本○○万円」

公開: 更新: ABCマガジン

©️ABCテレビ

79歳となった現在も体を鍛え続けて筋肉がムキムキな、あの大物男性キャスター。「超人」な彼が、自身のギャラ事情をぶっちゃけた! 長年司会を務めたクイズ番組の放送開始時の出演料は、1本○○万円だったのだとか。まさかの具体的な金額に、スタジオ一同が驚いた。

©️ABCテレビ

超人な大物男性キャスターとは、草野仁のこと。NHKのアナウンサーを経てフリーになり、現在もキャスターとして活躍している。1986年からスタートしたクイズ番組『日立 世界ふしぎ発見!』(以下『世界ふしぎ発見!』)の司会を37年間務めたことでも有名だ。2023年4月からは、「クイズマスター」というポジションで同番組に出演している。

©️ABCテレビ

そんな草野が、過去のギャラ事情を告白! NHK時代の収入について、「民放の方と比べると、当時はものすごく安月給でして。民放の方を100としたら、NHKは50から60くらい」と語った。フリー転身後の『世界ふしぎ発見!』の放送初期の出演料は、「1本30万円」とのこと。あっさり告白した草野に、共演者たちは「めっちゃ具体的(な金額)!」とビックリだ。ちなみに、放送開始から10年目頃の同番組の出演料は、「多分ですね、倍くらいになったかな」とのこと。1本60万円ほどまで出演料が増えたことにも、スタジオは驚いた。

©️ABCテレビ
©️ABCテレビ

草野のギャラ事情の赤裸々トークだけでなく、「超人エピソード」も衝撃的だ。現在79歳の彼は、ベンチプレスを「一応100キロまでは上げられる」という。怪力に加え、頭脳も明晰! 東京大学を首席で卒業し、相撲の国体代表に選ばれた過去があるのだ。県の予選大会にまつわる「秒殺エピソード」もインパクトがあり、共演者たちは「ほんま文武両道!」「ほぼ室伏広治」と目を丸くした。

©️ABCテレビ
©️ABCテレビ

草野仁がギャラ事情や自身の超人エピソードを語ったバラエティ番組『これ余談なんですけど・・・』12月6日放送回は、動画配信サービスTVerで無料配信中。ほかにも同放送回では、ゲストたちによる信じがたいエピソードが満載だ。あの有名実業家から「月から地球を見ています」と電話がかかってきたと語ったタレント・武井壮や、地元の山奥で「バスケの神童」として名を馳せていたと言い張るピン芸人・おいでやす小田に、「ホンマか!?」とツッコみたくなるはず!

©️ABCテレビ

「奇跡の79歳」「芸能界一の筋肉モンスター」な草野仁、『世界ふしぎ発見!』放送スタート時のギャラは1本30万円だった。ベンチプレス100キロ上げ、東大主席卒、相撲の国体代表だった過去……。草野の超人エピソードに仰天するバラエティ番組『これ余談なんですけど・・・』を無料配信中

PICK UP