決勝進出の9組を争った「M-1グランプリ2023 準決勝」激闘の記録 ベストキッズ賞 ベストアマチュア賞も発表!

公開: 更新: ABCマガジン

©M-1グランプリ事務局

12月7日 ニューピアホール(東京都港区)で、「M-1グランプリ2023 準決勝」が開催され、決勝に進む9組が発表された。

19回目を迎え今なお出場者が増え続けている「M-1グランプリ」。今年の出場者数は昨年より約1300組増、過去最多の8540組となった。この熾烈な戦いを勝ち抜き、準決勝にはワイルドカード枠で復活した1組を含む31組が進出。今年も、知名度、プロアマ問わず、“とにかくおもしろい漫才”で「M-1グランプリ」優勝を勝ち取った1組だけが日本一の称号を手に入れることができる。

準決勝ではまず「ベストアマチュア賞」が発表された。選ばれたのは東京大学3年生と早稲田大学3年生のコンビ・ナユタ。準々決勝まで進んだ2人が「プロになりたい」と明かすと、MCのはりけ~んずから「先輩として言うわ、やめとき」と心配される場面も。ネタ披露では“M-1グランプリ”をテーマに会場をしっかりと沸かせていた。

(「ベストアマチュア賞」ナユタ)

©M-1グランプリ事務局

そして今年新たに新設された「ナイスキッズ賞」は、5歳の双子コンビ・とうはるら5組、同じく新設された「ジモトスター賞」は、熊本県のPRマスコットキャラクターのくまモンとお姉さんのコンビ・くまモン隊ら5組が受賞。「ナイスキッズ賞」の中から「ベストキッズ賞」に選ばれた小学生の女の子コンビ・ラブリースマイリーベイビーは、舞台に登場するとすぐさまマイクの位置を直したり、お決まりのポーズを堂々と披露するなど、プロ顔負けの立ち振る舞いにはりけ~んずの2人が圧倒されてしまう。

(「ベストキッズ賞」ラブリースマイリーベイビー)

©M-1グランプリ事務局

ワイルドカード枠で初めて準決勝に勝ち上がったトップバッターのダブルヒガシは「ありがとう」「うれしい」と感謝の言葉を述べてからネタをスタート。

(ダブルヒガシ)

©M-1グランプリ事務局

2018年に決勝進出したトム・ブラウンは変わらず独特な世界観のネタで会場の視線を釘付けに。

(トム・ブラウン)

©M-1グランプリ事務局

2019年「ABC お笑いグランプリ」優勝の華山は、面倒くさいやすいの相談に、にこらすが独特の口調とセンスでツッコミ。

(華山)

©M-1グランプリ事務局

3年連続で決勝に進出しているオズワルドのネタでは、畠中の奇想天外な言動に伊藤が振り回されてしまう。

(オズワルド)

©M-1グランプリ事務局

2年連続決勝進出の真空ジェシカは川北が独特のワードセンスでファイナリストの実力を見せつける。

(真空ジェシカ)

©M-1グランプリ事務局

3年ぶり4度目の準決勝進出となったニッポンの社長はケツが観客に必死で語り掛ける姿とそれに静かにツッコむ辻の絶妙なやりとりで初の決勝進出を狙う。

(ニッポンの社長)

©M-1グランプリ事務局

双子のダイタクは2年ぶり5度目の準決勝。大が明かす双子ならではのエピソードに拓がツッコむたび客席から笑いが。

(ダイタク)

©M-1グランプリ事務局

初の準決勝進出となった20世紀は、意外な設定の漫才コントを熱演し笑いを量産。

(20世紀)

©M-1グランプリ事務局

2021年に決勝進出したモグライダーは天然のともしげを巧みに導く芝のやりとりに観客も思わず拍手笑い。

(モグライダー)

©M-1グランプリ事務局

5年連続準々決勝止まりだったシシガシラは念願の準決勝で脇田の心の叫びを解放。

(シシガシラ)

©M-1グランプリ事務局

昨年ウエストランドに敗れ準優勝に終わったさや香はテンポ感抜群のなにわ漫才でこの日一番の大声を張り上げた。

(さや香)

©M-1グランプリ事務局

 この中から栄えある決勝に進出できるのは10組。そのうち敗者復活組を除く9組がTVerスペシャルライブの生配信にて発表された!(決勝に進出した9組はこちら

なお決勝は、12月24日(日)よる6時30分からABCテレビ・テレビ朝日系全国ネットにて生放送。

(準決勝出場者)ダブルヒガシ、ぎょうぶ、きしたかの(マセキ芸能社)、ドーナツ・ピーナツ、ママタルト(サンミュージックプロダクション)、フースーヤ、トム・ブラウン(ケイダッシュステージ)、華山、スタミナパン(SMA)、豪快キャプテン、オズワルド、ヘンダーソン、くらげ、バッテリィズ、真空ジェシカ(プロダクション人力舎)、ナイチンゲールダンス、鬼としみちゃむ、令和ロマン、ニッポンの社長、ダイタク、20世紀、エバース、モグライダー(マセキ芸能社)、ダンビラムーチョ、ヤーレンズ(ケイダッシュステージ)、ロングコートダディ、ななまがり、シシガシラ、さや香、カベポスター、マユリカ 計31組
※ネタ順
※ダブルヒガシはワイルドカード枠

■番組情報

「M-1グランプリ2023」

12月24日(日)放送 よる6時30分 ~10時10分

ABCテレビ・テレビ朝日系列全国ネット生放送

「M-1グランプリ2023 敗者復活戦」

12月24日(日)午後3時~よる6時30分

ABCテレビ・テレビ朝日系列全国ネット生放送

PICK UP