中島健人“宗介”、小芝風花“愛”への気遣いに「泣けた」「キュンキュン」

中島健人“宗介”、小芝風花“愛”への気遣いに「泣けた」「キュンキュン」

Sexy Zone中島健人小芝風花がダブル主演を務めるドラマ『彼女はキレイだった』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜21:00~)の第1話が、7月6日に放送。ネット上では、中島演じる役どころに「ハマり役」と絶賛の声があった(以下、ネタバレ含まれます)。

さえない太っちょの少年からイケメンの“最恐毒舌”エリートになった長谷部宗介(中島)と、優等生の美少女から無職の残念女子になった佐藤愛(小芝)という、真逆の成長を遂げた2人の“すれ違う初恋”の行方を描く胸キュンラブストーリー。

佐藤愛(小芝風花)、桐山梨沙(佐久間由衣)
佐藤愛(小芝風花)、桐山梨沙(佐久間由衣)

愛は、アルバイトもクビになり、居場所を見つけられないまま気づいたら28歳。就職活動もうまくいかず、容姿端麗のルームメイト・桐山梨沙(佐久間由衣)とは差が離れていくばかり。そんなとき、宗介からメールが。彼は、小学5年生のときに隣に引っ越してきた少年で「優しくてかわいくて一緒にいるとほっとした。大好きだったんだ」という。6年生のときにアメリカに引っ越したが、このたび帰国することになり「会いたい」と綴られていた。

いざ待ち合わせ場所に行くと、まるで違ったイケメンになっていた宗介。容姿も変わり、服もダサい愛は、気づいてもらえなかった。そこで、梨沙に“愛”として代わりに会ってほしいと願う。しかたなく、梨沙は愛として宗介に会った。彼の思い出を壊さない方法として、明日イギリス留学すると嘘をつき、別れることに。握手してハグをする2人に、愛は落ち込むのだった。

佐藤愛(小芝風花)、樋口拓也(赤楚衛二)
佐藤愛(小芝風花)、樋口拓也(赤楚衛二)

その頃、宗介は小学生のときを思い出していた。雨の中、あることでパニックを起こしていると、通りかかった愛が助けてくれた。愛のイヤホンを自分の耳にいれて「大丈夫? これからは私がそばにいてあげる」と声をかけてくれた。そのとき流れていたのは「カノン」だった。

後日、面接を受けていた出版社から採用の連絡が。会社員として働けることに大喜びする愛。総務部として採用されたが、ひょんなことでファッション誌「ザ・モスト」編集部で働くことになった。しかし、同誌の新しいクリエイティブディレクター兼副編集長として宗介が就任することに。それを知った愛はとっさに隠れる。

その後、廊下で宗介とばったり。逃げ込んだエレベーターに、宗介も乗ってきた。するとエレベーターが停止。社員証で「佐藤愛」の名前も知られてしまった。

彼が壁ドンしてきた、かと思ったら、インターホンを押して助けを呼んだだけ。あくまで冷静だ。消灯され暗闇で怯えている愛に「もしかして、閉所恐怖症?」とイヤホンを渡してきた。イヤホンからは「カノン」が流れており、愛はハッとする。宗介は続ける。「昔、ある人に教えてもらって。こうすると気持ちが落ち着くって」。しばらくするとエレベーターが復旧した。その後、彼のある一面を知ってしまい……。

ネット上では中島の役どころに反響が。「仕事は厳しいけど気持ちの底は優しい」「ドSケンティーにキュンキュン」「カノン流れた所泣けた」との声があった。

次回第2話は7月13日に放送。「ザ・モスト」編集部では、読者の興味を引く企画を打ち出せない編集部員たちに、宗介がイライラを募らせていた。

画像ギャラリー