北村匠海“桜庭”、覚醒した手術シーン&美しい涙に反響「胸に刺さる」

桜庭瞬(北村匠海)
桜庭瞬(北村匠海)

波瑠が主演を務める月9ドラマ『ナイト・ドクター』(フジテレビ系、毎週月曜21:00~)の第3話が7月5日に放送。ネット上では、桜庭瞬(北村匠海)が奮闘する姿に、多くの反応があった(以下、ネタバレが含まれます)。

救急医療の働き方改革として試験的に結成された夜間勤務だけを専門に行う医療チーム「ナイト・ドクター」が、夜は命に、昼はそれぞれの人生に向き合いながら唯一無二の絆を紡いでく、完全オリジナルの“青春群像医療ドラマ”。

桜庭瞬(北村匠海)は母・麗子(真矢ミキ)からイギリス留学を命じられる
桜庭瞬(北村匠海)は母・麗子(真矢ミキ)からイギリス留学を命じられる

桜庭の母で「あさひ海浜病院」などを束ねる「柏桜会」会長・麗子(真矢ミキ)がやってくる。彼女は桜庭にイギリス留学をするよう促し「あなたは救急医に向いていない」と切り捨てた。

初歩的な施術ができない桜庭に対し、本郷亨(沢村一樹)も麗子の意見に同調する。麗子が去ったあと、桜庭は、本郷に「僕は救急医になりたいんです。ここで働かせてください」と願うが、突っ張ねられてしまった。

朝倉美月(波瑠)たちに慰められる桜庭。「気持ちだけではどうにもならない」という彼は、生まれつき心臓が悪いことを告白。「母親の言う通り、救急医は向いていない。どんなに頑張っても、どうにもならないことってあるよね」と肩を落とした。

成瀬暁人(田中圭)、朝倉美月(波瑠)、桜庭瞬(北村匠海)
成瀬暁人(田中圭)、朝倉美月(波瑠)、桜庭瞬(北村匠海)

彼が救急医を目指している理由。それは、本郷がきっかけだった。本郷は麗子の元同僚。父親のいない桜庭は、幼い頃、彼に遊んでもらっていたという。水族館に行った日のこと。気道閉塞で苦しんでいる子供がおり、本郷が処置に。幼い桜庭もちょっとしたフォローに入り、難を逃れた。そのとき、本郷から「瞬、よくやった」と褒められたのだ。

本郷との思い出話をした桜庭は、美月たちに「月並みなんだけど、目の前で苦しんでいる人を助けるってすごいことだよ。だってその人の未来を一瞬で変えられちゃうんだからさ」と目を輝かせた。

そんな中、ある患者が急変。人員不足で、対応できるのは桜庭と深澤新(岸優太)のみ。桜庭は、自分の判断で処置を施すことに。しかし、手が震えて動かない……。フォローにやってきた美月の「なんのためにここにきたの?」という声に奮起し、桜庭の処置で1人の命を救った。

朝倉美月(波瑠)
朝倉美月(波瑠)

美月は彼に対し「どんなに頑張ってもどうしようもないことってあるかもしれない。でも、昨日と今日の桜庭は絶対に違うよ。桜庭だって絶対変われる。だって1人の未来ちゃんと変えたでしょ」と語りかける。

そして、本郷からも、水族館のときと同じように「桜庭、よくやった」と声をかけられた。桜庭は、師のような存在である本郷の労いの言葉に、涙を止めることができなかった。

ネット上では、桜庭が成長した姿に「表情に震えた」「涙で視界がぼやける」「昔と同じ褒められかたで静かに涙流す感じ すごく良かった」「グッときました」との声があった。

次回第4話は7月12日に放送。搬送された花園詩織(松井愛莉)の付き添いで青山北斗(竹財輝之助)が病院にやってきた。高岡幸保(岡崎紗絵)は驚くが、北斗は“恋人”を否定して……。

画像ギャラリー