鈴木亮平“喜多見”と賀来賢人“音羽”のコンビに期待の声「名バディになる予感」

鈴木亮平“喜多見”と賀来賢人“音羽”のコンビに期待の声「名バディになる予感」

鈴木亮平が主演を務める日曜劇場『TOKYO MER~走る緊急救命室~』の第1話が、7月4日に放送。鈴木演じる医師・喜多見幸太の信念を貫く姿に、ネット上では「真っ直ぐで応援したくなる」「何度も涙があふれた」などの声が上がった(以下、ネタバレが含まれます)。

重大事故や災害現場に駆けつけて負傷者にいち早く救命処置を施す救命救急チーム“TOKYO MER”が東京都に発足。チームを率いるチーフドクターの喜多見を筆頭に、研修医の弦巻比奈(中条あやみ)、看護師の蔵前夏梅(菜々緒)、ベトナム人看護師のホアン・ラン・ミン(フォンチー)、麻酔科医の冬木治朗(小手伸也)、臨床工学技士の徳丸元一(佐野勇斗)らTOKYO MERのメンバーは発足記念式典に参加する。

喜多見幸太(鈴木亮平)らはトラックとバスの衝突事故現場に駆け付ける
喜多見幸太(鈴木亮平)らはトラックとバスの衝突事故現場に駆け付ける

しかし、式典の最中にトラックとバスの衝突事故が発生。喜多見らは最新の医療機器とオペ室を搭載した大型車輌のERカーで現場に急行し、次々と患者の救命活動を行っていく。そんな中、喜多見はトラックの運転手が運転席に挟まれているとの報告を受ける。

運転手の容態を見て、喜多見は「今ここでオペをします」と決断。駆けつけた医師の音羽尚(賀来賢人)の協力もあり、オペは成功する。「喜多見チーフのやり方では続かないと思いますよ」と意見する音羽に、「でも待っているだけじゃ助けられない命というのもありますから」と返す喜多見だったが、危険を顧みずに医療行為を行ったことが後に問題視されてしまう。

喜多見(鈴木亮平)は危険を顧みず治療を行う
喜多見(鈴木亮平)は危険を顧みず治療を行う

TOKYO MERは、東京都知事の赤塚梓(石田ゆり子)による肝いりのチームで、国からの正式な認可をもらわなければならず、赤塚のライバルであり、厚生労働大臣の白金眞理子(渡辺真起子)はチームの解体を望んでいた。TOKYO MERのメンバーでありながらも、厚生労働省の官僚としてチームの解体に動く音羽は、喜多見の判断に不満を持っていた研修医の比奈に「審査会で喜多見チーフの判断は間違っていたと証言してくれませんか」と依頼する。

TOKYO MERの未来がかかった重要な審査会の当日、喜多見は消防庁からの入電情報をチェックし、徳丸を連れて小規模な崩落事故が起きた工場に向かってしまう。チーフである喜多見が不在の中で審査会がスタート。比奈は「医者にできるのはただ目の前の命を救うことだけですよ」という喜多見の言葉を思い返し、証言を思いとどまる。そのとき、喜多見が出向いた工場で大規模なガス爆発が起きたという一報が審査会に飛び込んでくる。

鶴巻比奈(中条あやみ)、喜多見幸太(鈴木亮平)
鶴巻比奈(中条あやみ)、喜多見幸太(鈴木亮平)

強い使命感と確固たる信念を持つ喜多見の活躍に、視聴者からは感動の声が続出。ネット上では「ヒーロー感半端ない」「駆けつけてくれた瞬間の安心感がすごい……」「何度も涙があふれました」などのコメントが寄せられた。また、「ぶつかり合いながらも名バディになる予感」「やり方が違うだけで喜多見さんと音羽さんの目指すものって同じ感じがした」など、喜多見と音羽のコンビに期待する声もあった。

次回7月11日放送の第2話では、比奈の起こしたミスにより患者が命の危険に陥ってしまう。

画像ギャラリー