古川雄大“御曹司”をめぐり葵わかな、成海璃子らが愛憎劇『女の戦争~バチェラー殺人事件~』

御曹司バチェラー・鳴戸哲也(古川雄大)
御曹司バチェラー・鳴戸哲也(古川雄大)

7月3日より古川雄大が主演を務めるサタドラ『女の戦争~バチェラー殺人事件~』(テレビ東京系、毎週土曜23:25~)がスタート。

御曹司バチェラー・鳴戸哲也(古川雄大)
御曹司バチェラー・鳴戸哲也(古川雄大)

同ドラマは、テレビ東京が土曜23時25分に創設した新ドラマ枠「サタドラ」第三弾作品で、古川が演じる “華麗でハイスペックな御曹司バチェラー・鳴戸哲也(なると・てつや)”を7名の女性たちが奪い合うという、欲望にまみれた愛憎サスペンスドラマ。7名の女性には、葵わかなトリンドル玲奈寺本莉緒尾碕真花北原里英成海璃子真飛聖が決定。一体誰が御曹司バチェラー・哲也に選ばれ、一体誰が哲也を殺すのか、注目が集まる。

<第1話あらすじ>
ホテルの結婚式場。新郎姿の主人公・鳴戸哲也(古川)が控室で血を流して死んでいる。遡ること、3か月。資産3000億の巨大ホテルグループの御曹司である彼は、人気恋愛バラエティ番組『ゲット・ザ・バチェラー』に花嫁を探すため出演。多数の応募者から選ばれた7名の女性達が、デートや数々のバトルに挑戦。番組冒頭からバチバチと火花を散らす。

御曹司をめぐる『女の戦争』が幕を開ける!
御曹司をめぐる『女の戦争』が幕を開ける!

1回目のチャレンジはなんとツーショットデートを賭けた薪割り合戦。しかし、その戦いの最中に思わぬ大事件が!

薪割りで勝負!?ツーショットデートの権利をもぎ取ったのは…
薪割りで勝負!?ツーショットデートの権利をもぎ取ったのは…

実は、彼女たちにはそれぞれ隠された裏の顔があった。その秘密とは? 彼女たちの真の目的とは? そして、1人目の脱落者はいったい誰なのか!?

画像ギャラリー