V6・岡田准一、14歳にして事務所からの多額の借金を告白

V6・岡田准一、14歳にして事務所からの多額の借金を告白
最新エピソードを無料視聴

岡田准一V6)が、6月13日に放送された『日曜日の初耳学』(MBS・TBS系、毎週日曜22:00~)に出演。借金をしていた過去を告白した。

林修が“時代のカリスマ”に迫る大人気企画「インタビュアー林修」に登場した岡田は、「ずっと辞めることを考えていたんですよ、14から」と、デビュー当時の思いを告白。「僕、大阪から出てきて高校に入ったときに、高校のお金を借りたんですよね、事務所から。借金感覚があったんですよね、だから人よりお金を使う感覚が怖くて、だからそういう感覚だったんで、ちょっと他の人とは違くて、現実的に辞めるとかお借りしたお金を返せるのか、何をできるのかみたいなことを多分、若い時からすごく考えていて」と、14歳にして多額の借金をしたことが、人生に向き合う覚悟につながったと明かす。

また、「借金があるから、ずっとメンバーのパンツを盗んだりしてた」と笑い、パンツを買うお金がなかったという岡田は、三宅健のパンツを盗んでいたと告白。「“三宅卍”って書いてあるんでだいたいわかるんですよ。僕、白いパンツしか中学3年生まで履いたことなかったんで、東京来て三宅くんのパンツ見たとき『こんなパンツあるんだぁ』って思ったんですよね」とCalvin Kleinのビキニタイプのパンツを三宅が履いていたと回想する。

林が、「三宅さんは気づいて何か言った?」と尋ねると、「買ってくれました。『俺の履くんだったらコレ履け』って」と当時のやり取りを語った。

次回は6月20日に放送される。

PICK UP