白濱亜嵐演じる隆治、同期の異変に気づきながらも「異常なし」と告げてしまい…

雨野隆治(白濱亜嵐)
雨野隆治(白濱亜嵐)

白濱亜嵐EXILEGENERATIONS from EXILE TRIBE)が主演を務める土曜ドラマ『泣くな研修医』(テレビ朝日系、毎週土曜23:00~)の第8話が、6月12日に放送される。

鬱陶しいほどの熱い情熱をもって、一人前の医師になることを目指す雨野隆治(白濱)が、現実に打ちのめされ、葛藤し、幾度となく涙を流しながら、それでも“医師”という職業への強い思いと熱意を失わず、同僚の研修医たちとともに成長していく姿を描く青春群像劇。

前回放送された第7話では、末期がん患者・石井直太朗(須賀健太)の旅立ちに「石井さん、雨野先生と出会えて幸せだったよね」「命の重さ、大切さを改めて感じる30分でした!」「人生終える時はただ死ぬんじゃなくて石井さんみたいに思いっきり生ききりたい」との声がインターネット上であがった。

<第8話あらすじ>
コピーライターの北村あすか(トリンドル玲奈)が腹痛で診察にやってくる。担当した中園くるみ(恒松祐里)は婦人科に移した方がいいのではと佐藤玲(木南晴夏)に提案するが、患者の希望ならと外科で受け入れることに。くるみは、次回の北村のエコー検査の前に練習をしたいと、隆治(白濱)ら研修医たちに協力をお願いする。そこで4人はお互いにエコー検査をして練習することに。くるみの番になり、エコーのモニターをチェックしていた隆治は気になる点を見つけるが、くるみには「異常なし」と伝えてしまう。

後日、北村をエコー検査したくるみは、腹水の溜まりを見つけ、検査入院を勧める。忙しくするくるみだったが、ひとり心配する隆治から、無理をしないようにとメッセージが送られてきて嬉しくなる。が、その直後、隆治が合コンで出合ったはるか(芋生悠)から手作り弁当を渡される場面を目撃してしまい、複雑な気持ちに。

忙しさも相まってイライラするくるみは、その後も心配して声をかけてくる隆治に邪魔しないでと言い放つ。それでも、いてもたってもいられない隆治は、密かに放射線科の藤堂(山口智充)に患者のだと言ってくるみのエコー画像を見てもらうことに。すると藤堂は、子宮頸がんの可能性があると言い……。その矢先、研修室に戻ってきたくるみが、激しいお腹の痛みで倒れてしまう。

一方、隆治たち研修医は進路を決める時期が迫っており、翌週までに希望専攻を提出するように言われる。

画像ギャラリー