SixTONES・松村北斗“ワンコ”、仲間由紀恵“女王”のために奔走する姿に「関係性が素敵」

桐山ユキ(仲間由紀恵)
桐山ユキ(仲間由紀恵)

仲間由紀恵が主演を務める「月曜プレミア8」枠のドラマ『女王の法医学~屍活師~』(テレビ東京系)が、5月31日に放送された。インターネット上では松村北斗SixTONES)演じる犬飼一が見せる可愛らしいワンコのような振る舞いが話題となっていた(以下、ネタバレが含まれます)。

本作は、杜野亜希の「屍活師 女王の法医学」(講談社「BE LOVE KC」所載)が原作。「女王」と呼ばれる法医学者・桐山ユキ(仲間)が、医学生・犬飼とのコンビで、隠された死因の謎を解き、事件の真相に迫る本格法医学ミステリー。

居眠り常習犯の犬飼は、望まぬ法医学研究室に配属されてしまった。担当に「女王のように、素晴らしくわがままで自分勝手」と評判の准教授・ユキが付いた。ユキは犬飼を「犬レベル」と判断すると「ワンコ」と呼び、雑用を押し付け始めた。

ある日、北林大学教授・川越克久(湯江タケユキ)と秘書・藍田満里(中田クルミ)の遺体が見つかった。捜査班は一酸化炭素中毒による心中であり、事件性はないと判断した。しかし、ユキは、満里の遺体に不審な点が見られたこと、心中に納得できない満里の母(山下容莉枝)の供述を考慮し、死体解剖ができるよう掛け合うと約束した。

しばらくして、犬飼は落ち込む満里の母を見つけると、励ますつもりで「満里の死因は無理心中かもしれない」と告げた。「川越教授の解剖もすれば真実が分かると思うんですが……」という犬飼の言葉を鵜呑みにした満里の母は、川越の妻・塔子(かとうかず子)の元を訪れた。すると、解剖に非協力的な塔子をうっかり突き飛ばして怪我させてしまった。

責任を感じて、すっかり自信を無くした犬飼は「法医学は無理。治せも話せもしない遺体の相手をするのが辛い」と弱音を吐いた。すると教授・丹羽嗣仁(石坂浩二)は「法医学者にとって屍は師だよ。遺体は喋らないけど、我々に真実を教えてくれることもある」と励ました。

そのさなか、塔子は解剖を待たずに火葬準備を進めていた。それを阻止するため、火葬場に駆け込んだ犬飼は「解剖したらご主人が何か教えてくれるかもしれない。遺体は真実を教えてくれる先生。不倫でも心中でもないとしたら、ご主人があまりにも気の毒。火葬したら真実は永遠にわからない!」と訴えた。そこに「他殺の可能性がある」とユキが遅れてやってきた。心中ではないと証明できるのかと尋ねる塔子に、あくまでも「解剖してみないと分からない」と答えるユキだったが「真実をお伝えする」と約束した。

二人の解剖結果から真実を悟ったユキは、川越教授の仕事場にいる犬飼に危険が迫ってると察知した。ユキは犬飼に、そこからすぐに立ち去るよう電話をするが……。

ネット上では、ユキと犬飼のコンビが話題に。「この二人相性良くてめちゃくちゃ面白い!」「“女王とワンコ”の関係性が素敵」「次第に飼い主になついていく北斗君が可愛い!」「北斗君のわちゃわちゃぶりが本当に犬みたい」といったコメントが見られ、連ドラ化を希望する声も多く上がっていた。