香音“苺”、小越勇輝“弱木”に愛の告白!返事は…

天井苺(香音)
天井苺(香音)

泉里香が主演を務める真夜中ドラマ『高嶺のハナさん』(BSテレ東、毎週土曜24:00~/テレビ大阪、毎週土曜24:56~)の第8話が、5月29日に放送される。

同ドラマは、ムラタコウジの同名人気コミック「高嶺のハナさん」(日本文芸社「週刊漫画ゴラク」連載)を原作にしたすれ違いラブコメディ。会社では高嶺の花として一目置かれているバリキャリOLの高嶺華(泉)が、年下のダメ社員・弱木強(小越勇輝)に恋してしまうのだが、華は、バリキャリOLという姿からは想像もつかない<恋する小学生のような乙女>の一面があり……。彼らを取り巻く同僚として、香音が、総務部の天井苺役を。猪塚健太が後輩の更田元気(通称チャラ田)役を演じる。

第7話では、弱木(小越)が華(泉)へ放った“ある一言”に、インターネット上では、「これ。。。告白じゃないんですか?」「見てるこっちがドキドキしちゃうよ」といった興奮の声が相次いだ。

<第8話あらすじ>
華(泉)と弱木(小越)は、迫りくる仕事の締め切りに追われていた。更田(猪塚)は居酒屋で弱木に「お前にとって高嶺の花である華を諦めろ、俺が貰う! 苺と付き合え」と告げる。

弱木強(小越勇輝)、更田元気(猪塚健太)
弱木強(小越勇輝)、更田元気(猪塚健太)

苺(香音)は、お店で偶然出てきた三日月のケーキが、弱木のインスタに出ていたケーキと同じ物と知り、弱木こそ自らの運命の人だと思う。

天井苺(香音)、更田元気(猪塚健太)、弱木強(小越勇輝)
天井苺(香音)、更田元気(猪塚健太)、弱木強(小越勇輝)

そして弱木のアパートに突然押しかけて、弱木に愛の告白をするのだが、弱木は……。

天井苺(香音)、弱木強(小越勇輝)のアパートへ…
天井苺(香音)、弱木強(小越勇輝)のアパートへ…

画像ギャラリー

PICK UP