竹野内豊演じるみちおの元に個性豊かな裁判員が集合

駒沢義男(小日向文世)、入間みちお(竹野内豊)、坂間千鶴(黒木華)
駒沢義男(小日向文世)、入間みちお(竹野内豊)、坂間千鶴(黒木華)

竹野内豊が主演を務めるドラマ『イチケイのカラス』(フジテレビ系、毎週月曜21:00~)の第9話が、5月31日に放送される。

同ドラマは、民放連ドラ史上初の刑事裁判官が主人公となる爽快リーガルエンターテインメント。東京地方裁判所第3支部第1刑事部(通称:イチケイ)の刑事裁判官で自由奔放で型破りな入間みちお(竹野内)と、みちおに振り回されながらも真実をつかもうと奔走するイチケイメンバーの活躍をコミカル&ビターに描く。

先週放送された第8話では、みちおを見守る会のメンバーとして出演した見取り図盛山晋太郎リリー、そしてみちおの甥役で出演した武井壮が話題に。インターネット上では「見取り図月9デビューは本当に最高でした!」「傍聴席に見取り図。甥っ子が武井壮。色んなところで楽しめるドラマ」「まさかの百獣の王」とのコメントがあった。

<第9話あらすじ>
入間みちお(竹野内)や坂間千鶴(黒木華)たち“イチケイ”が扱うことになった「世田谷家政婦殺人事件」が、裁判員裁判で審理されることになった。書記官の川添博司(中村梅雀)を中心にさっそく裁判員の選任手続きが行われ、その結果、塾講師の大前正一(山崎銀之丞)、結婚相談所勤務の落合清美(池津祥子)ら6名が選ばれる。補充裁判員として選ばれたのは、派遣社員の新村早苗(行平あい佳)、「みちおを見守る会」会長でもある自由業の富樫浩二(明樂哲典)だった。

入間みちお(竹野内豊)、坂間千鶴(黒木華)
入間みちお(竹野内豊)、坂間千鶴(黒木華)

事件の被告人は高見梓(春木みさよ)、被害者は桐島優香(八木さおり)。梓は家政婦として桐島家で働いていたが、ある時、柵が破損していることを知りながら3階のバルコニーで優香と争い、突き飛ばして転落させたという。梓は、転落後もまだ息があった優香をそのまま放置。たまたまやってきて異変に気づいた配達員が救急車を呼んだが、優香は命を落としていた。また優香は、梓に多額の遺産を残すことを1年前に弁護士に書面で伝えていたという。

優香の娘・希美(松風理咲)も見守る中で行われた第1回公判で、梓は、自分は殺していない、あれは事故だと主張。遺産の件も知らないと証言する。実は梓は、5年前に火災事故で夫と娘を亡くし、譲り受けた夫の会社を売却して多額の資産を得ており……。

画像ギャラリー

PICK UP