戸塚純貴「シリーズは身が引き締まる思い!」第5話は文平の様子が一変!?『警視庁ゼロ係5』

2016年から放送がスタートしたテレビ東京系連続ドラマ『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~』。本シリーズのシーズン2から登場した太田文平を演じている俳優の戸塚純貴さん。元サイバー課の刑事ということもあり、PCやモバイルを用いた捜査には長けているが、岩手訛りでマイペース、すっとぼけたキャラクターは“文平ちゃん”と親しまれている。

そんな文平ちゃんが第5話では、これまで見せたことがないようなシリアスな展開でキャラ変!? 撮影を終えた戸塚さんに、第5話(5月28日放送)の見どころや、本シリーズへの思いを語っていただいた。

太田文平役を演じる戸塚純貴さん
太田文平役を演じる戸塚純貴さん

――現在放送中の『警視庁ゼロ係〜生活安全課なんでも相談室〜SEASON5』(テレビ東京系、毎週金曜20:00~)ですが、戸塚さんにとって長期シリーズである本作にはどんな思いが?

シーズン5まで続く作品に参加できるというのは、ほかにはない経験なので、シーズンを重ねるごとに身が引き締まる思いがあります。でも、普通シーズンを積み重ねると、登場人物が成長していく姿が見られるものですが「ゼロ係」にはいい意味でそれがまったくない(笑)。そこもこのシリーズの魅力だと思います。

――そんななか、第5話で戸塚さん演じる文平はある事件の容疑者になり、シリアスな一面を見せることに。

はい。これまでの文平というキャラクターを完全に捨てて臨みました。第5話は、今までよりもカメラマンさんや監督と近い距離で話し合いながら作っていった回なので、一つのものをゼロから作り上げる“ものづくりの原点”を感じながらの撮影でした。今までの「ゼロ係」にはあまりなかったカメラの画角や、手元目線のシーンもあり、映画っぽい作りになっているので「いつもと違うな」と思いながら見ていただければと思います。

――「ゼロ係」の仲間の絆も感じさせるようなシーンもあるとか。

まさにその通りで、いつもワイワイやっている「ゼロ係」のシーンとは違い、ずっと一人で孤立しているシーンが多かったです。そんななかで、冬彦さん(小泉孝太郎)や寅三さん(松下由樹)さんと対峙するシーンは、文平に対する思いが感じられて、かなりグッと来てしまいました。

「ゼロ係」の仲間たち
「ゼロ係」の仲間たち

――長期シリーズだからこその感情の積み重ねが染み入りました。

やっぱり僕にとっては特別で重みのある作品です。ひも解けば、大杉漣さんをはじめ、さまざまな方々と共演させていただきましたし、出演者一人ひとりが積み重ねてきたお芝居によって作り上げられたドラマなので、自分もしっかりと責任を持って演じなければという思いで毎回撮影に臨んでいます。

――NON STYLE石田明さんが、なんでも相談室の一員・大林夏彦としてシーズン5から参加されています。夏彦もスイーツ男子という濃いキャラクターですね。

現場に入ったとき「最初から『ゼロ係』にいたのかな?」と思うぐらいの溶け込み方をされていました(笑)。瞬時に現場の雰囲気や空気をつかみ取る力は素晴らしいなと勉強になりました。誰かがアドリブを言ったときの返し方などは、芸人さんだからこその瞬発力かなと思っていて、石田さん発信で生まれる面白いものをしっかりキャッチできるようにこちらもアンテナをしっかり張って臨んでいます。文平とのコンビ感なども楽しんでいただければ嬉しいです。

――文平ちゃんは岩手訛りの台詞が特徴のひとつですが、台本は標準語で書かれているんですね。

はい。方言に関しては、基本的に演出ではなく岩手出身の僕のさじ加減でやらせてもらっています。もともと、地元の言葉が抜けないという設定は、監督が考えたものなのですが、たまに「なにをしゃべっているのか分からないので、もう少しマイルドに」ということは言われますが、基本的には自由ですね。自分の生まれ育った地方の言葉なので、ほかの作品より台詞回しは楽しんでやらせていただいてます。

本条靖子(安達祐実)、太田文平(戸塚純貴)、横山建夫(片岡鶴太郎)、大林夏彦(石田明)
本条靖子(安達祐実)、太田文平(戸塚純貴)、横山建夫(片岡鶴太郎)、大林夏彦(石田明)

――「ゼロ係」のシーンは、本当に和気あいあいとした雰囲気が伝わってきますが、アドリブもあるのでしょうか?

本番前の段取りやテストのとき、皆さんがそれぞれアドリブ的なものを入れてくるんです。それを、それぞれが瞬時に対応して作っていく感じなのですが、次々にアイデアを繰り出してくるので、なかなか段取りが終わらない(笑)。それも楽しいんですけどね。

――段取りから本番でガラリと変えてくる方もいるのですか?

いらっしゃいます! だから本番で意表を突かれて笑っちゃうんですよ。片岡鶴太郎さん(横山建夫役)とか、結構本番で違うことをされるので、本当に油断できません。ある意味、相談室のシーンは戦場と化しています(笑)。

――最後に第5話の見どころをお願いします。

第5話では、文平のいままでにない表情が見られると思います。いい意味で皆さんの期待を裏切ることができるような回になっているのかなと思うので、ぜひ楽しみにしていてください!
(取材・文:磯部正和)

<第5話あらすじ 5月28日放送>
杉並自然公園で黒崎浩之(笠原紳司)の刺殺体が見つかる。防犯カメラには、ナイフを持って、現場から立ち去る太田文平(戸塚)が映っていた。驚く小早川冬彦(小泉)と寺田寅三(松下)。すると冬彦の元に文平から電話がかかってくる。すぐさま発信元の駅の公衆電話に向かうがすでに文平の姿はなかった……。

いつも明るい文平だが、様子が一変!?
いつも明るい文平だが、様子が一変!?

そこで謎のメモを見つける冬彦。そして押収した文平のパソコンから交際相手・工藤愛美(坂東希)の存在が浮かび上がる……。

画像ギャラリー

PICK UP