遠藤健慎、おいでやす小田“境”との芝居に注目!「甘地だったらこうするかな?」と役作りのヒントも

甘地(遠藤健慎)
甘地(遠藤健慎)

吉川愛板垣李光人がW主演を務めるモクドラF『カラフラブル~ジェンダーレス男子に愛されています。~』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23:59~)に甘地大和役でレギュラー出演中の遠藤健慎からコメントが到着。5月20日に放送される第8話では、おいでやす小田演じる境正美とともに、重大な任務を請け負うことに……。

同ドラマは、一生懸命働くあまり自分自身には手を抜きがちな新米漫画編集者・和子(わこ/吉川)と、メイクもファッションも完璧で女性と見間違われるほど美しい青年・周(めぐる/板垣)のキュートなラブストーリー。ともに連続ドラマ初主演となる2人が、ありのままのお互いを受け入れ合い、2人で一緒に成長していく、新時代の理想のカップルに扮する。

前回の第7話では、周と舘ささめ(草川拓弥)のユニット・ユニコーンボーイズと、周の因縁の相手・ゆうたん(永田崇人)とのトークショーが開催されることに。これがきっかけとなり、周とゆうたんの間にあった溝が埋まることになった。インターネット上では、ゆうたんの心の傷ごと包み込む周とささめの優しさに「素直なゆうたんの涙に泣きました」「みんな優しい」「3人ぎゅーしてるの愛しい時間だった」といった反響があがった。

第8話の放送を前に、遠藤から寄せられたコメントを以下に紹介する。

<遠藤健慎コメント>
僕が演じている甘地大和は、物事がいかに効率良く進むかを優先的に考えるキャラクターです。例えば、電話よりもメッセージの方が記録にも残るし確実。会議の際に上座に自分がいた方がスムーズにプレゼンできる。劇中でもこんなことがあったと思います。正直遠藤本人は、効率で考えるよりも思いついたことをトライエラーで行動するタイプなので、甘地のキャラクターを理解し共感するには少し時間がかかりました。

そこで、台本の読み方、日々の生活から少しずつ甘地だったらこうするかな? と思いながら役作りをしていきました。効率だけを考えず、甘地の思う効率の良さを追求しながら生活することで、少しずつ甘地と一体化して行けた気がして、どんどん楽しくなっていきました。

8話ではそんな甘地の集大成となる「イマドキ」の考えと、おいでやす小田さんが演じる境の「昔ながら」の考えのぶつかり合いが描かれています。みなさんがどちらの考えを支持するかもとても興味深いところです。是非、本日放送の8話も見ていただきたいです!

<第8話あらすじ>
和子(吉川)と周(板垣)の休日の朝。和子は起きてすぐ周の顔を見て大満足して二度寝しようとするが、周は、せっかく2人とも休みなんだから出かけようと言う。休日の過ごし方をめぐって、朝からわちゃわちゃする2人。テレビでは、ゆうたん(永田)が出演する番組『カラフルカワイイ』で、ゆうたんが子供たちに言葉の意味を教えている。テーマは、“余談”。今回は、『カラフラブル』に登場する3組の名コンビにまつわる楽しいストーリーが繰り広げられる。

1「キラとイメージと恋バナと」

キラ(桐山漣)、あさひ(水野美紀)
キラ(桐山漣)、あさひ(水野美紀)

鉄本あさひ(水野美紀)が、漫画家と打合せをしている。そこに、キラ(桐山漣)が通りかかる。あさひと漫画家の話に聞き耳を立てるキラは、あさひが恋バナをしていると勘違いして取り乱し……。

2「境と甘地の重大任務」

甘地(遠藤健慎)、境(おいでやす小田)
甘地(遠藤健慎)、境(おいでやす小田)

境(小田)と甘地(遠藤)は、大御所の漫画家に連載を依頼するというミッションをあさひから課される。大きな仕事を前に緊張する境に対し、相変わらずマイペースな甘地。甘地のやることなすことに境はツッコミを入れるが、思わぬ結果が待ち受けていて……。

3「和子と周の断捨離デー」

和子(吉川愛)、周(板垣李光人)
和子(吉川愛)、周(板垣李光人)

ようやく目を覚ました和子は、周と一緒にKOUGU維新のDVDを見ようとするが、周はその前に部屋を片付けようと言い出す。和子の物の多さに、さすがの周も黙っていられなくなったのだ。和子は仕方なく、周と断捨離を始めることにするが……。

画像ギャラリー