ぺこぱ・松陰寺太勇、死ぬまで言い続ける言葉と覚悟を明かす「カッコ良すぎる」

ぺこぱ松陰寺太勇シュウペイ)と高橋ひかるが、5月19日放送の『あちこちオードリー 〜春日の店あいてますよ?〜』(テレビ東京系、毎週水曜23:06~)に出演。松陰寺が芸人としての覚悟を語り、インターネット上では「カッコイイ」などのコメントが寄せられた。

高橋が、“清純派女優”から“早口マシンガントーク女優”になったという話題で「受け入れてもらえるならありがとうございます」とコメントをすると、松陰寺は「もうそのゾーンにいったの?」と驚く。若林正恭オードリー)が「松陰寺もまだ出してない部分あるもんね。松井の部分いっぱいあるもんね?」と、芸人・松陰寺は全てを肯定する男であるのに対し、テレビでは本名・松井勇太の姿はまだ見せていないと振る。

これに対し松陰寺は、「やっぱり出しちゃいけないと思う」と、ファンを裏切りたくないと発言。けれど、ワイドショー出演時には松井の部分が出てると若林に指摘されると、求められれば自分の考えやスタンスを出そうとは思うが、「根底には色々な考えがあっていい」と、自分の考えを相手に押し付けるのではなく、それぞれの考えを尊重すべきだと主張。若林が、もしも松井の部分が求められたMCが来たらどうするかを問うと、「それはそれで失うものあると思うんですよね」と苦笑いし、「テレビ出てきて2年目でそこを突き抜ける勇気、僕はまだないですね」と続けた。

ただ、ワイドショーなどで松陰寺としてコメントすると「浅い」と感じるとし、「どこにも誰にも傷つけない言葉って浅いんですよ、核心ついていかないと」と本音を吐露。以前、オードリーのラジオに出演した際にも「誰も傷つけない笑いの呪縛は多少はちょっとある」と発言したことから、「それは今、慣れてきた?」と若林が尋ねると、松陰寺は「まだある」としながらも、「でも『誰も傷つけない』というこのワードで出てこられたので、一生背負っていかなきゃいけないなと思います」と返答。「覚悟してるんだ?」と質問されると、「テレビ一周出させてもらって何が一番できたかって、俺、覚悟ができたんすよ!」とキッパリ。具体的にどういう覚悟かを言及されると、「『時を戻そう』『悪くないだろう』これは俺が死ぬまで俺が言い続ける言葉だなって思ってますね」と覚悟をにじませた。

ネット上では、「芸人の覚悟はカッコ良すぎる」「覚悟ができた男はかっこいい」「ぺこぱがより好きになった」「ぺこぱとオードリーさんの組み合わせは最高!」「一生背負ってく松陰寺さんの覚悟の話、めっちゃ好き」などのコメントが上がった。

次回は5月26日に放送。滝沢カレン出川哲朗が出演する。

PICK UP