横山裕演じる狩野、コタローのことをかぎ回る探偵・青田に不信感を抱く

関ジャニ∞横山裕が主演を務めるドラマ『コタローは1人暮らし』(テレビ朝日系、毎週土曜23:30~)の第5話が、5月22日に放送される。

本作は、累計部数100万部突破の人気同名コミック(津村マミ/小学館)を映像化したハートフル・コメディ。子連れ入居禁止のアパートで自堕落な日々を送る売れない漫画家・狩野進(横山)の隣の部屋に、何やら訳ありな1人暮らしの5歳児・さとうコタロー(川原瑛都)が引っ越してくる。大人びた言動の裏に隠されたコタローの過去が少しずつ明らかになると共に、風変りなアパートの住人たちとの交流が描かれる。

前回放送された第4話では、コタローがアパートの住人たちと距離を置くようになり、不審がる面々。そこに新しい住人・青田学(間宮祥太朗)が引っ越してくるというストーリーが展開された。

<第5話あらすじ>
「アパートの清水」に1か月の期間限定で引っ越してきた青田学(間宮)から、「1か月だけでいいから仲良くしてほしい」と頼まれた1人暮らしの訳アリ5歳児・さとうコタロー(川原)。この頼みを快く引き受けたコタローから、しばらくの間、銭湯にも幼稚園にも青田と一緒に行くと宣言された売れない漫画家・狩野進(横山)は、フクザツな心境に……。

また、コタローをかわいがっているアパートの住人・秋友美月(山本舞香)や田丸勇(生瀬勝久)も、常にコタローにベッタリな青田にしっと心が爆発寸前……!?

ある日、青田と出くわした狩野は、コタローのことを根掘り葉掘り聞き出そうとする姿に不信感を抱き始める。そんな中、毎週コタローに生活費を届けている弁護士・小林綾乃(百田夏菜子)の調査で、青田が探偵だということが判明! 狩野らは青田の部屋に乗り込み、なぜコタローのことを探っているのか問いただす。

はたして、探偵・青田がコタローを探る理由とは――!?

PICK UP