福原遥“リン”、山中湖へ行った野クルメンバーを心配して土村芳“教師”へ連絡

福原遥が主演を務める『ゆるキャン△2』(テレビ東京系、毎週木曜24:30~)の第7話が、5月13日に放送される。

本作は、250万部突破の大人気同名コミック(原作:あfろ/芳文社)を原作とした、新感覚ゆるゆる系キャンプドラマで、昨年の1月期に放送された『ゆるキャン△』の続編。シーズン1を経て、「新たな目的地を見つけた5人」がどのような“一歩”を踏み出したのか?

前回の第6話には、キャンパーとして知られる西村瑞樹バイきんぐ)がキャンプ場の管理人役で出演。インターネット上では「ガチのキャンプ勢が参戦してる」といった驚きの声があがっていた。

<第7話あらすじ>
バイトで予定が合わなかった志摩リン(福原)、各務原なでしこ(大原優乃)を除き、「野外活動サークル」(通称:野クル)メンバーの大垣千明(田辺桃子)、犬山あおい(箭内夢菜)、斉藤恵那(志田彩良)は山中湖にキャンプをしに来ていた。まったりと湖畔でくつろいでいたが、夕方になり急激に気温が下がり凍え始める。犬山と斉藤は薪の調達のため慌てて管理人棟へ向かうが、管理人が帰ってしまい途方にくれていた。

田辺桃子、志田彩良、箭内夢菜
田辺桃子、志田彩良、箭内夢菜

そして教師の鳥羽(土村芳)はリンから心配の連絡を受けてキャンプ場で3人を探していた。

大原優乃
大原優乃

一方、なでしこはリンにある相談の電話をかけるが……。

画像ギャラリー

PICK UP