米倉涼子、社長業の苦悩とストレスを吐露「シワは増えました」

米倉涼子が、4月26日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系、毎週月曜22:00~)に出演。社長業の苦悩とストレスを明かしたほか、しゃべくりメンバーとゲーム対決を行い、インターネット上で反響が上がった。

昨年4月に独立し、現在は個人事務所を運営する米倉。独立のきっかけは「自分のスタンスみたいなのができはじめていて」と、ここ10年近く、視聴率王と呼ばれるようになるなど、「自分のポテンシャルと思われている形にギャップを感じるようになって」と吐露。自分一人の手柄ではなく、タイトルやキャストの相性なども関係しているものだと言い、そこから抜け出せない自分が出来上がる恐怖や、それをずっと頼りにするようになってしまったらどうしようと不安に感じ「自分で自立するってなったら今しかないと思った」と明かす。

社長業を行うようになり「シワは増えました」と話す米倉は、独立前は給料制だったと告白。「『お金がないから働かなきゃ』とか『お金を貰うために頑張ろう』とかそういう感覚でやってきてない」と、不満はなかったと話し、金銭面ふくめ社長業を実際にやってみると「前のところにいたら良かったとか思っちゃう」と本音を覗かせつつも、「知らない所で本当にお金が必要なんだ」と気づいたと語る。

他にも、社長業で嫌いな業務は「大容量データのダウンロード」と「大量に届くメールの管理」で、パソコン操作が得意ではなく、これまでやってこなかったこともあり、「視力が本当に0.6落ちた」と支障も出てきていると発言。そうした中でも、社員に対する接し方に留意したり、本業である女優業がおろそかになったりしないようにと、最初の頃はバランスを取るのが大変だったと語った。

番組の後半では、「自分の成長のために日頃から“悔しい探し”をしている」という米倉のために、悔しがる顔が見られるかもしれないしゃべくりメンバーとの対決企画「究極のメンタル格闘技 一撃」を実施。司会進行役には米倉とゆかりのある鈴木浩介が登場し、大いに盛り上がりを見せた。

ネット上では、「きっと1年間社長になって大変だったんだろーなって感じがすごい伝わった」「米倉社長のストレス分かるなー」「社長の仕事量が無限に感じた」といった声のほか、鈴木の名司会ぶりに「鈴木さんってこんなにも面白いんだねw」「鈴木さんしゃべくりメンバーとの相性いいなあ」「しゃべくりが生んだ名MC」「鈴木さん司会おもしろすぎて腹いてぇwwwww」などの反響も多数寄せられた。

次回5月3日は田中圭が登場。「裸が美しいランキング1位ボディの秘密!」といった企画が放送される。