石井杏奈演じる松子、ガールガンファイトにプレイヤーとして参加!

白石聖が主演を務めるドラマイズム『ガールガンレディ』(MBS、毎週火曜24:59~/TBS、毎週火曜25時28分〜)の第3話が、MBSで25時14分、TBSで25時43分から放送される。

原案・BANDAI SPIRITS、企画・ADK エモーションズと特撮のスペシャリストが集結して挑む、新時代の大人向け特撮ドラマ。組み立てたプラモデルに導かれ、パラレルワールドに迷い込んだ地味な女子高生・立花小春(白石)がプラモデルの銃を使い、学校で“生き残りをかけたバトル”を行う。

立花小春(白石聖)
立花小春(白石聖)

先週放送された第2話は、「ガールガンファイト」に隠された衝撃の事実が明らかに。インターネット上では「え、まさか!?」「思ったよりシリアス展開」「物語が一気に牙剥いてきた」といった感想が。また、「人殺しと一緒じゃん!」と茫然となる小春の姿にも反響が。「これから小春ちゃん変わっていくのかな」「小春がいつ引き金を引くのかが鍵」「まさに無邪気な殺戮者……」と続きを期待する声が相次いだ。

<第3話あらすじ>
「ラスイチ」だった水野千鶴(井頭愛海)がパラレルワールドで撃たれて絶命し、現実世界から存在が消えたことを受け、これはゲームではなく人殺しだと思った小春(白石)は銃を持つことが怖くなっていた。一方、ブラボータンゴには、水野に代わって新たに生徒会長の門脇松子(石井杏奈)が、プレイヤーとして参加することになり、コマンダーのビアンカ(寺本莉緒)を差し置いて、指示を出し始める。

第3話シーンカット
第3話シーンカット

また、小春は薄井夏菜(伊藤萌々香)も「ラスイチ」だということを知り、夏菜を死なせないため、アリス(大原優乃)に、より強力な銃である「ブラストガールガン」を取りに行く作戦を提案。一方で各チームの思惑は重なり、熾烈な争奪戦が始まって!?

画像ギャラリー