格闘家・山本美憂、4度目の結婚はマツコも驚く“特殊”プロポーズ

総合格闘家の山本美憂が、3月11日放送の『アウト×デラックス』(フジテレビ系、毎週木曜23:00~)に「結婚しないと言ってたのに4回目の結婚をした格闘家」として出演。現在の夫とのプロポーズ時のエピソードを語った際、マツコが思わず声を張り上げる一幕があった。

同番組は、独特の世界観を持って生きているこだわりの人たちを招き、矢部浩之ナインティナイン)、マツコ・デラックス山里亮太南海キャンディーズ)とアウトなトークを展開するトークバラエティ。

レスリングミュンヘン五輪代表の山本郁榮を父に持ち、妹の聖子はレスリング世界選手権を4度制覇、さらに弟は山本“KID”徳郁という最強の格闘一家に生まれた美憂。13歳で女子レスリング日本一を獲得し、17歳で世界選手権に最年少で優勝。30年経ついまも現役の格闘家として活躍している。マツコは美憂の戦歴を「すごかったのよ」と力説しながら「違う戦いもしてるのね」とポツリ。美憂は「結婚は戦いになっちゃいます?」と山里に助けを求める。

これまでスポーツ選手と3回の結婚を経験してきた美憂。「別れるたび『こんなにつらい思いをするのなら、もう結婚はしない』と思ってきた」と語る彼女に「そういう星の下に生まれてるのよ。オンナなのよ」とマツコ。「相手がまた現れるから。現れない人もいると思うんです」という矢部のコメントに美憂は「今は…… とてもいい旦那さんに恵まれて」とのろける。現在の夫は31歳のカイル氏。美憂とは選手とコーチという関係だったが、徐々にその信頼関係が愛に変わっていき結婚したという。今回は、プロポーズ時に起きたという、ある“事件”を語った。

グアムで練習をしていた際、カイル氏から「今日は練習をオフにしよう」と言われ、ビーチに誘われた美憂。海でぼーっとしていると、カイル氏が「浜辺でビーチレスリングをしよう」と言い出したという。「レスリングになると私のほうがコーチなんですよ。『いいよ。そのかわり、手抜かないよ』って。バーッて入ってきたとき、思い切り蹴ったり潰したりしていたんです」と美憂。「そしたらいきなりしゃがみだして。『えっ、なんだろう』と思ったら、手に指輪持ってて……」と語り、マツコは思わず「特殊!!」と叫ぶ。

「本人は私を倒して指輪を見せたかったらしいんですけど、私が思い切り潰したから『ここで失くしたら探せない』と思ったらしくて」と、カイル氏のとっさの判断が、特殊すぎるプロポーズにつながったようだ。「片膝じゃなくて両膝ついてました」という当時のカイル氏の様子に、山里も「それもう『盗ったもん出しなさい』のときだもんね」と突っ込み、スタジオは笑いに包まれた。

その後番組では、美憂とカイル氏のプライベート映像をVTRで紹介。トレーニング終了後、ハイタッチをしようと美憂が手をあげた瞬間、カイル氏が目をつぶって身構え、怯えきった顔で美憂とおそるおそるハイタッチをする様子が映し出される。「(ビンタ)あるんやろうな……」と矢部。山里も「本能で動いてましたよね」と突っ込むなか、ただひとりマツコは「エロい旦那だね……」とウットリ。その後、「リングを降りたら超乙女」という美憂の、一途すぎる恋愛模様が紹介される。

インターネット上では、現在の“山本美憂”の姿に「基本的にハートのアツい人は、仕事にも恋愛にもアツくなるよなぁ」「好きが溢れるカッコ可愛いの極みだ」「いつまでもキレイだよな~」との声が集まっていた。

次回は、3月18日に放送される。