生田斗真“圭佑”、最終話の執筆を終えたら秘密を打ち明けようと決意!

生田斗真が主演を務める『書けないッ!? ~脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活~』(テレビ朝日系、毎週土曜23:30~)の最終話が、3月13日に1時間SPで放送される。

売れない脚本家兼主夫・吉丸圭佑(生田)のもとに、突然ゴールデンタイムの連続ドラマ脚本執筆のオファーが舞い込むところから物語は展開。テレビ局側から無理難題を押し付けられる圭佑を支えるのは、ベストセラー小説家で一家の大黒柱でもある妻・奈美(吉瀬美智子)。立場は違えど、お互いをリスペクトしあう凸凹夫婦の奮闘と、2人の子供である絵里花(山田杏奈)と空(潤浩)を含めた4人の家族愛が描かれる。

前回放送された第7話では、空を中心にストーリーが展開。本当の父親に会いに行こうとしている姉、夫を上回る作品を執筆している母、「脳冷却」の女性スタッフとの関係を深めつつある父、家族それぞれの秘密を空だけが知り頭を悩ませてしまう。

<最終話あらすじ>
脚本家・吉丸圭佑(生田)は、東西テレビのプロデューサー・東海林光夫(北村有起哉)から、ドラマ『富豪教師Q』の第9話をベテラン脚本家・原口正宗(坂田聡)に任せることになったと言われ、ぼうぜん……。これまで死に物狂いで書き上げてきたのに、ここにきて1話だけ別の人に任せることになったことに、想像以上にショックを受けている自分に気づく。ひとりでその思いを抱えきれなくなり、米虫メンタルクリニックを訪れた圭佑は、妻でベストセラー作家の奈美(吉瀬)に言えない愚痴をぶちまける。しかし、そこにスキンヘッドの男(浜野謙太)まで現れる。

一方、奈美は、娘の絵里花(山田)や息子の空(潤浩)をはじめ、世間の人々を楽しませているのは自分の小説ではなく、圭佑のドラマの方なのではないかと、自信をなくしかけていた。

また、圭佑のアシスタントで空の家庭教師・仙川俊也(菊池風磨)は、なぜか絵里花の本当の父親・村瀬陽太郎とメッセージのやり取りをする仲になる。

それぞれが複雑な思いを抱えて迎えた夕食の時間、インターホンが鳴る。モニターに映っていたのは、『富豪教師Q』に主演しているスター俳優・八神隼人(岡田将生)で……!?

そんな中、圭佑はついに最終話の執筆に取り掛かるのだが、ラストをどう締めくくればいいか悩み始める。そして、奈美から「どうしてこの物語を書いているのか、どうして書こうと思ったのかを自分に問いかければ結末は必ず見つかる」とアドバイスされる。

圭佑の仕事が落ち着いたら、すべてを打ち明けようと話し合ったバンパイア小説を執筆中の奈美、本当の父親に会ってみたい絵里花、吉丸家の平和を願う空――。

家族みんなが見守る中、ついに圭佑が原稿を書き上げる。はたして、初めてゴールデンタイムの連続ドラマという大仕事をやり遂げた“脚本家・吉丸圭佑”の運命は……!?