和牛「テレビは自分たちには合わない」ブレない“漫才師”としての生き様に迫る

3月14日放送の『情熱大陸』(MBS/TBS系、毎週日曜23:00〜※この日は23:15~)には、二人組の漫才コンビの和牛水田信二川西賢志郎)が登場する。

若手漫才の日本一を決めるお笑いコンテスト『M-1グランプリ』。そのタイトルを手にすれば、テレビなどのエンタメ業界で一気にスターダムにのし上がれるため、多くの漫才師にとって目標の一つになっている。

この戦いで、毎年のように優勝候補と目されながらも、そのタイトルを逃し続けてきた漫才師が、ボケの水田とツッコミの川西による和牛。おととし、出場資格を2年残したまま突如、“M-1卒業”を宣言。「4分の漫才の大会に出ないだけで、面白い漫才をやることは変わらない」。飄々と話す2人の言葉に嘘はなさそうだ。

今や芸人の活躍の場は、テレビやラジオだけでなく、YouTubeや海外進出など多岐にわたる。誰にどうやって自らの笑いを感じてもらいたいのか――。和牛が選んだ答えは、漫才師として舞台を第一にすること。いま2人はテレビやラジオのレギュラーを抱えながらも、1年間で500ステージをこなしている。

番組は、「面白い漫才」をとことん追求する2人の日々を取材。例えば、舞台直前、客席のお客さんの年齢層や男女比、団体客の有無などいくつもの要素を細かくチェックする姿や、ベストのネタを披露し、ネタが終わるや否やネタの反省を始める姿など。

後輩たちも「和牛さんほどネタにストイックな人はいないです」と口を揃える存在。そんな彼らが「テレビは番組側のやりたいことが決まっている。それは自分たちには合わないと思った」と、自らの笑いに妥協しない強い信念を素直に語る場面も。

また、水田・川西それぞれが自身の“笑いのルーツ”と語る場所を訪れたり、新ネタを作ったりする様子など、ブレない“漫才師”としての生き様に迫る。

なお、前週の放送では、芥川賞候補のミュージシャン、クリープハイプ尾崎世界観の“世界観”に迫った。