北村匠海“太陽”、真空と朔の関係を疑い少しずつ狂い始める3人の距離…

高畑充希が主演を務める『にじいろカルテ』(テレビ朝日系、毎週木曜21:00~)の第8話が、3月11日に放送される。

東京の大病院から虹ノ村診療所で働くことになった多発性筋炎を抱える内科医・紅野真空(高畑)が、ひょんなことから“オレ様外科医”浅黄朔先生(井浦新)といじられキャラの看護師・蒼山太陽(北村匠海)とシェアハウスすることに。普通の医療ドラマとは一線を画す、ちょっとダメで人間臭い医者たちが、個性豊かな村人たちとともに困難に立ち向かう物語。

前回放送された第7話では、まだら認知症の雪乃(安達祐実)の記憶をなくしていく様子や、婚礼の衣装を身にまとう姿が話題に。インターネット上では「安達祐実さんってやっぱ素敵な女優さんだな~泣くシーンが半端ないわ」「安達祐実の演技に泣けた。眞島秀和との夫婦の苦悩が痛いほど伝わって来て、切なくなった」「安達祐実の演技に震えた」「結婚式の衣装がめっちゃキレイだった。紅天女」といったコメントが寄せられた。

<第8話あらすじ>
夜中にトイレから出てきた太陽(北村)。リビングから何やら声が聞こえ、そちらに向かおうとしたところ、なんと真空(高畑)と朔(井浦)が恋仲であると発覚……!? あまりの衝撃に声を出すこともできず、思わず診療所を飛び出してしまう。

パジャマのまま、朝靄の山奥を一人歩き続ける太陽。2人のことを思い出しながら、自らの過去の嫌な記憶もよみがえり……。飲み物を買ってベンチに座った太陽は、何もかも忘れるべく、イヤホンで大音量の音楽を聴いているうちに、眠りに落ちてしまう。しばらくして目覚めると、ベンチの隣には、冷たくなり心肺停止になった見知らぬ男性が……!?

現場に駆け付ける真空と朔だが、応急処置も空しく死亡が確認される。連絡をもらった霧ケ谷(光石研)も立ち合い、診療所では警察が太陽の事情聴取など行い、亡くなった身元不明の男性が「自分の失踪した夫では……?」と勘繰る嵐(水野美紀)や、雪乃(安達)と氷月(西田尚美)もやってくる。一方、霧ケ谷は“身元不明の男”の腕にあった痣に、自らの過去を思い出し……?

そんな中、「自分がもう少し早く気づいていれば、彼を救えたのではないか」と自らを責め、一人涙する太陽。真空と朔にも自分が抱えるモヤモヤを伝えられず、虹ノ村の仲間への違和感も募って行き……。