豊川悦司演じる風雅、若かりし頃の写真に大反響「美形っぷりを令和になって知りました」「ブロマイド売って」

菅野美穂が主演を務める水曜ドラマ『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)の第7話が、2月24日に放送。インターネット上では、豊川悦司矢田亜希子の出演に驚きの声があった(以下、ネタバレが含まれます)。

シングルマザーの恋愛小説家で少女のような天然母・水無瀬碧(菅野)と、しっかり者のオタク娘で“恋人いない歴=年齢”の空(浜辺)。とある理由から2人は突如決意する……「私たち、恋をしよう!」。娘にとっては人生初の、母にとっては久々の、“恋”! トモダチ母娘の、エキサイティング・ラブストーリー。

自分の出生の秘密について、どこまでも嘘を突き通す碧に業を煮やした空は、入野光(岡田健史)や「おだや」のメンバーを集めて真相を問いただそうとする。

観念した碧は、空の父親との出会いを語り出す。彼女は、雷に打たれたような恋をしたと回顧。忘れられないというその男・一ノ瀬風雅(豊川)の写真を見せると、空は「なんだこれ。すっげぇイケメン」と驚く。風雅は舞台役者だった。ひょんなことから出会い、二人は恋に落ちた。しかし、1週間後、彼は姿を消す。碧が風雅の自宅を突き止めると、出てきたのは知らない女だった。彼女は慣れたように「一ノ瀬ならいないんで。半年前に出て行ったきり」と言うと、倒れてしまった。

倒れた女性・星野鈴(矢田)は、赤ちゃんを身ごもっていた。もともと心臓に持病があり、命の危険があったものの、子供を産もうとしていた。碧は「困っている人がいたらほっとけない」と彼女を看病していく。入院先で、風雅は鈴の妊娠を知らないこと、碧以外にも家に女性がたくさんやってきたこと、そして鈴が風雅と同じ劇団員であることを教えてもらった。碧は「同じクズにひどい目に遭った仲。運命共同体」と、鈴が亡くなっても、赤ちゃんは自分が育てると約束を取り付ける。鈴は空を産んだあと、しばらくして亡くなった。

全ての話を聞き終えると、空は「頭おかしいよ」「恋に狂っているよその女!」と激昂。碧は「鈴さんに謝れ!」と、彼女に初めて手を出す。それでも、気が動転して泣き叫ぶ空は「おだや」へ連れていかれることになった。

そんな話をしている頃、ダイビングを楽しんでいた整体師・渉周一(東啓介)は、謎の男に出会う。彼は流木をかつぎ、木をナイフで削りながら「これを売り物にするんです」という。すると、突然、浜辺に寝っ転がって空の写真を撮り始める。この男こそ、風雅だった……。

ネット上では、豊川の出演は事前に明かされていたが、『愛していると言ってくれ』(TBS系)で妹を演じていた矢田の出演に驚きの声が。また、碧が取り出した写真は、『愛していると言ってくれ』を彷彿とさせるものだったこともあり「一ノ瀬何某のブロマイド売ってくれないかなぁ」「豊川さんの若い頃の美形っぷりを令和になって知りました……」「菅野美穂、矢田亜希子、豊川悦司ってキャストがキャストすぎて90年代後半のドラマを見てる気分」「豊川悦司さんのこういう役好きすぎる」「こうなったら常盤貴子にも出て欲しい」との声があった。

次回第8話は3月3日に放送。空はまだ見ぬ父親に会うべく、彼が住む島へ向かう。