千鳥・大悟がノブにガチ説教「NGKという建物においては…」

2月23日に『華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!』(カンテレ/フジテレビ系、毎週火曜22:00~)が放送。大悟がNGK(なんばグランド花月)でのノブの態度に本気で注意する一幕があった。

漫才、トーク、ロケ、どれを取っても一級品で、現在のお笑い界を引っ張るMCの博多華丸・大吉千鳥が、ゲストのテッパン(=絶対に面白い)話を聞き出していくトークバラエティ。

今回は「2021初耳ニュース」と題し、千原兄弟千原せいじ千原ジュニア)がゲストとして登場。博多華丸・大吉、千鳥、コーナーMCのダイアンユースケ津田篤宏)も交えて、4組がテレビ初公開の自分ニュースを発表した。

ノブが気になる初耳ニュースは、大悟が投稿した「ノブよ! NGKでの顔は気ぃつけぇ!」というもの。タイトルからして「ちょっと怒ってるっぽい」とノブが警戒した通り、大悟は「ありがとうこの機会をくれて。あんまり楽屋にいるときに『ノブあれはアカンで』とは言いにくい」と本気で注意したいことがあると前置きした。

大悟は「NGKという建物においては、いつまでも腹ペコ若手じゃないとダメやねん」と発言。「NGKに行ったらわしらはダントツの1番下。師匠がずっとおられる、中堅の方がおられてワシらがおる。あの建物ではこのピラミッドは崩れない。な、わかるやろ?」と言い、以前、楽屋でトミーズ雅(トミーズ)から「メシ食うか?」と言われ、大悟は喜んで出前の注文をしたが、タッチの差で現れたノブがトミーズ雅から同じように「おいノブ! 今、頼んだから今ならまだ間に合うから好きなん何か頼め」と声をかけてもらったのにも関わらず、「あ、自分で買います」と断ったと話し、後輩としてあり得ないことだと大悟は無礼を指摘した。

それに対しノブは、注文した後で二度手間になるのも悪いという気遣いでもあったと弁明するが、大悟は「そんなんはどうでもええ! 出したいねん」と激怒。「NGKに入った瞬間は腹ペコでたどり着いた顔。これは全芸人、下手すりゃ千原さんでもまだその顔しとかんとアカン!」と大悟が続けると、博多大吉も「大悟くんの気持ちはものすごくわかる。そりゃおごっていただきたいですし」と芸人の縦社会に頷き共感した。

インターネット上では、「これはノブが悪いw 先輩がおごるなら受け取ったほうがいいぞ」「大悟は優しいなー」「『自分で買います』はヤバい」「大悟のトミーズ雅さん話面白かった~」「今日みたいなただ芸人がフリートークする回をずっとしてほしい」などのコメントが寄せられた。

次回3月2日は藤原竜也がゲスト出演する。