桐山照史“猿川”、泉⾥⾹“友麻”のセクシーな“エロカラドウ”に大慌て!「今日は神回すぎる」の声

ジャニーズWEST桐山照史が主演を務めるドラマホリック!『ゲキカラドウ』(テレビ東京系、毎週水曜24:12〜)の第7話が、2月17日に放送。インターネット上では、大河内友麻(泉里香)のセクシー攻撃に困惑する猿川健太(桐山)に多くの反応があった(以下、ネタバレが含まれます)。

本作は、視覚でも聴覚でも堪能できる、マニア性・中毒性の高い、究極のグルメドラマ。大阪本社から期待を胸に東京支社の営業促進室へ異動した主人公・猿川が、そこで出会う激辛料理をこよなく愛する変わり者たちとの日々の中で、「激辛料理」と格闘しながら成長していく姿が描かれていく。

朝、秋山雅⼈(前川泰之)から見せてもらった占いで、猿川は「誘惑の多い日」、友麻は「一日ツイていない日」という結果だった。友麻の占い結果を証明するかのように、彼女と共に参加予定だった接待がドタキャン、行こうと思っていたプデチゲのお店が臨時休業と散々な一日を過ごす。頭の中がプデチゲでいっぱいの友麻は、猿川の自宅で店の味を再現すると意気込む。

激辛好きの彼女の味付けに驚きながらも食事を楽しむ猿川。お酒も入った友麻が笑顔を振りまきながら「私、もっとトリコにできると思うよ」「酔っちゃダメ?」「私の心と体が解凍されちゃったみたい」と猿川に抱きつく。猿川が戸惑う中、そのまま彼女は寝てしまった。

そんな中、突然、後輩の篠宮亮介(7 MEN 侍中村嶺亜)が家に。慌てて彼女を別の部屋に隠し、何とか取り繕う。その後、ある勘違いをした涼介を帰らすことができた。

目が覚めた友麻は、メインのプデチゲを作り始めた。バクバク食べる彼の姿を満足そうに見つめる友麻。さらに、プデチゲを食べて汗だくになると、服を脱いで薄着一枚に。またも猿川に近づき「もう我慢できない」とつぶやく。「俺と大河内さんは会社の同期で……」と断ろうとするも、友麻は彼を押し倒す。「これはゲキカラドウであって、エロカラドウではありませんよ?」と言いつつも、我慢できずに友麻を抱きしめようとするが……。

ネット上では、猿川と友麻のやりとりに「泉里香さん 綺麗すぎてヤバいたまらない めっちゃドキドキしてる笑」「これは猿川くんとのおうちデートでは?」「あんだけセクシーで美しい女の人がものすごい至近距離で自分のパーカー着てそして脱いで何も手を出さない猿川くん、どうしたの?」「照史くんの彼氏感+泉里香さんのエロかわ加減、、今日は神回すぎる」との声があった。

次回第8話は2月24日に放送。猿川は、亮介から「激辛が苦手」と打ち明けられる。

PICK UP