福士蒼汰演じる医師、患者と接する中「良い医師とは何か?」を見つめ直し…

福士蒼汰主演の4週連続放送のドラマスペシャル『神様のカルテ』(テレビ東京系、毎週月曜20:00~)が、2月15日にスタートする。

大倉孝二、岡山天音、福士蒼汰
大倉孝二、岡山天音、福士蒼汰

同ドラマは1人の若き医師の苦悩と成長を描いたシリーズ累計330万部を超える大ベストセラー小説「神様のカルテ」(著者:夏川草介)が原作。信州の一地方都市・松本を舞台に、「24時間、365日対応」の地方病院で働く風変わりな医師・栗原一止(福士)が、 患者や恩師との別れ、地方医療の現実を経験し、「良い医者とは何か?」を追い求める軌跡を描いていく。

清野菜名、福士蒼汰
清野菜名、福士蒼汰

<第1話 あらすじ>
「24時間、365日対応」の本庄病院に勤める内科医・栗原一止(福士)は、不眠不休が続く過酷な毎日を送っている。そんな一止の支えは妻・ハル(清野菜名)と過ごす時間だった。ある日、一止は大学病院に誘われる。最先端医療への興味を抱きつつ、悩む一止の前に癌患者の安曇清子(風吹ジュン)が現れる。大学病院に見放され、一止を頼ってきたのだ。彼女と接する中で一止は「良い医師とは何か?」を見つめ直していく。

福士蒼汰、伊原六花
福士蒼汰、伊原六花

画像ギャラリー