前田公輝演じる鳥居のプロポーズの言葉に視聴者昇天「胸キュンを超えて、胸が爆発しました」

岡田結実が主演を務める木曜ドラマF『江戸モアゼル~令和で恋、いたしんす。~』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23:59~)の第6話が、2月11日に放送。インターネット上では、待ちに待ったプロポーズシーンが放送されたことで、大きな反応があった(以下、ネタバレが含まれます)。

江戸時代からタイムスリップしてきた花魁・仙夏(せんか/岡田)が、令和の東京を舞台に繰り広げるハートフルなラブコメディ。登場人物が全員ちょっぴり不器用で、見ている人をじれったくさせるような淡い恋物語を繰り広げる。

長兵衛(一ノ瀬颯)、仙夏(岡田結実)
長兵衛(一ノ瀬颯)、仙夏(岡田結実)

仙夏家の隣に住んでいたという岩佐長兵衛(一ノ瀬颯)が、江戸時代からタイムスリップしてきた。しかも彼女に「夫婦になろう」という。社長で金持ちのライバル・鳥居直樹(前田公輝)に勝つため、自分も令和で金稼ぎをすると決心する。

長兵衛は、簡単に金を稼ぐことができる仕事を見つける。しかし、その親元はオレオレ詐欺を行う犯罪グループだった。わけもわからず「拙者でござる!」と“拙者拙者詐欺”の電話をしたり、刀をフリマアプリで売ろうとして、蔵地寿乃(山口まゆ)から「捕まるよ」とツッコミを入れられたり、間違った方向に奮闘する。受け子をするよう指示され、ようやく彼らが悪者だと気づいた長兵衛。犯罪グループに捕らえられ、大ピンチに。そこに仙夏や蔵地俊輔(葉山奨之)が駆けつけて、難を逃れた。

その後、鳥居はある決意を持って仙夏の前へ。彼が「俺と一緒に暮らさないか?」と告白するも、自分は江戸から来た者であり、現代では幸せになれないと仙夏。さらに「もう鳥居の旦那とは会わない方がいい」とその場を後にしようとする。ここで鳥居は言う。

仙夏(岡田結実)
仙夏(岡田結実)

「どこから来ようが関係ないから。もちろん、最初は戸惑った。でも、仙夏さんがいなくなると思ったら、いてもたってもいられなくなった。君が来たのが江戸時代だろうが、平安時代だろうが、原始時代だろうが、関係ない。俺は今、目の前にいるあんたのことが好きなんだ。俺がお前の帰る場所になる。仙夏。俺の妻になってくれ」。そう言って、抱きしめた。

ネット上では、長兵衛が意味も分からず犯罪の片棒を担いだり、武士の魂である刀を売る姿に「拙者拙者詐欺で深夜にクソ噴いたじゃないかw」「刀売るの流石にやばいw 危ないやつ過ぎるw」「詐欺に加担してるじゃんw 何してんのw」とのコメントが。

俊輔(葉山奨之)、仙夏(岡田結実)
俊輔(葉山奨之)、仙夏(岡田結実)

また、鳥居のプロポーズについては「とにかく胸キュンを超えて、胸が爆発しました」「予想のはるか斜め上、成層圏突破レベルに素晴らしいプロポーズでした……鳥居社長の恋の炎でオタクのハートはバーンアウトよ……もうダメ」との反応があった。

次回第7話は2月18日に放送。鳥居からのプロポーズを受けた仙夏はある決意をする。

画像ギャラリー