上白石萌音“奈未”、玉森裕太“潤之介”が思いを寄せる幼馴染が気になり…

上白石萌音が主演を務めるドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』(TBS系、毎週火曜22:00~)の第5話が、2月9日に放送される。倉科カナが、玉森裕太Kis-My-Ft2)演じる潤之介の幼馴染でヴァイオリニストの蓮見理緒役で出演する。

ファッション雑誌編集部を舞台に、主人公がドSな鬼編集長や運命的な出会いをする子犬系男子に振り回されながらも、恋と仕事に懸命に立ち向かい成長していく胸キュンお仕事&ラブコメディ。

潤之介(玉森裕太)、一太(亜生)
潤之介(玉森裕太)、一太(亜生)

上白石がその名の通り「仕事も恋愛もほどほどに。人並みで、普通の幸せを手にしたい」というイマドキの安定志向の持ち主の主人公・鈴木奈未を演じ、彼女が配属されるファッション雑誌編集部で出会った最年少編集長・宝来麗子を菜々緒、ひょんなことから出会った、子犬系イケメン御曹司でカメラマンの潤之介を玉森、クールな先輩編集者・中沢涼太を間宮祥太朗が演じる。

先週放送された第4話は、土砂降りの雨の中での奈未と潤之介のキスシーンが大きな話題に。インターネット上では「わたしの大好物の玉森くんの顎ラインを致死量浴びました さようなら」「美しすぎて涙でるわ 少女漫画の人やん」「レインマジック」「めちゃくちゃ美しくて優しいキスシーンだった」との声があった。

<第5話あらすじ>
雨の中、待ち合わせ場所でうずくまっていた潤之介(玉森)に思わずキスをした奈未(上白石)は、ずぶ濡れの潤之介を自分のアパートへ連れて帰ることに。しかし、潤之介が思いを寄せている幼馴染みの存在が気になってしまい……。

麗子(菜々緒)
麗子(菜々緒)

一方、編集部では音羽堂出版の社内報に載せる「MIYAVI」の紹介記事作成をどのスタッフに担当させるか、副編集長の半田(なだぎ武)が頭を悩ませていた。麗子(菜々緒)は遥(久保田紗友)に任せようとするが、優秀すぎるが故に方々から振られたアシスタント業務で手一杯。その話を聞いていた奈未は、麗子からの評価が高い遥のようになれば、麗子に潤之介との関係を認めてもらえるのではと思い、社内報作りに立候補する。

理緒(倉科カナ)は奈未(上白石萌音)の恋のライバルに!?
理緒(倉科カナ)は奈未(上白石萌音)の恋のライバルに!?

さらに、奈未は遥に代わり、中沢(間宮)が担当する対談企画で使う、ヴァイオリニスト・蓮見理緒(倉科)のドレスを届けることに。社内報も、対談の段取りもこなして、麗子からの評価を上げようと奔走するのだが……。

画像ギャラリー

PICK UP