ダウンタウンがネタ作りのテクニックを公開!「やっぱり頭がいいんだなぁ」と称賛の声

ダウンタウン浜田雅功松本人志)がMCを務める『ダウンタウンDX』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜22:00~)が、2月4日に放送。この日は、「賞レース芸人大集合SP」と題し、マヂカルラブリー野田クリスタル村上)、おいでやすこがおいでやす小田こがけん)、見取り図盛山晋太郎リリー)、吉住3時のヒロイン福田麻貴ゆめっちかなで)、陣内智則が出演した。

「ネタ作りの秘密を公開」のコーナーでは、賞レースチャンピオン&ファイナリストたちのネタ作りの様子をVTRで紹介。スタジオでは、それぞれの芸人たちのネタ作りにまつわるトークが展開していく中で、ダウンタウンの漫才の作り方が明らかになる一幕も。陣内から「松本さんはどうしてたんですか? ネタ書くとき」と水を向けられた松本は「メモ帳みたいなのに単語だけ書いて」と打ち明けた。

さらに松本は「そのメモ見ながら浜田に言って、“こうボケたらどう言う?”みたいな」と、お互いにやり取りを交わしながら漫才を作り上げていたことを告白。また、本番までに稽古もそこまでしないそうで、「“このツッコミだけは言って”っていうのが何個かあるやん。それだけは言って、口で2回くらいやって、立って1回か2回やって、で、本番出たら大爆笑」と、自画自賛して笑いを誘った。

ダウンタウンの漫才には台本などもないそうで、陣内は「(ネタを)忘れないですか?」と質問。松本が「意外と浜田のほうが覚えてるかもしれない」と振ると、浜田は「ブロックになってるから、この人のネタ」と説明し、時間制限があるときは、そのブロックをいくつか組み合わせることで調整していることを明かし、出演者を感心させた。

続いて、芸人たちのプライベートを紹介する企画では、『女芸人No.1決定戦 THE W 2020』で優勝しても質素な生活を続ける吉住が、自分のキャラに悩んでいることを3時のヒロインに相談。福田は、かつて同番組に出演した際に、ダウンタウンから“独裁キャラ”を付けられたと抗議し、「ダウンタウンさんの取扱説明書が芸能界の取扱説明書になる」と、吉住にも気をつけるように忠告する。

福田の抗議や忠告もお構いなしに、浜田から吉住の方向性について話を振られた松本は「意外とグラビアやってみたらどう?」と提案。「(所属する)人力舎からお前は無理するなって言われているんで」と断固拒否する吉住に対し、松本は「そこは頑張ってくれんと、渡部の分もやっぱあるんで」と、吉住と同じ事務所で昨年不祥事を起こしたアンジャッシュ渡部建の名前を出して、浜田からツッコまれていた。

ダウンタウンのネタ作りの秘密や、賞レース芸人たちとのやり取りに、インターネット上では反響が続出。「ダウンタウンのネタの作り方、ブロック式、ネタ作る松ちゃんもブロック式に管理して使いこなす浜ちゃんもやっぱり頭がいいんだなぁ」「吉住さん見てると凄く応援したくなる気持ちになる……」「マヂラブ、見取り図面白かったなあ」「小田さんが怒鳴る度、なぜかツボってた。笑いすぎてつらい」などの声が挙がっていた。

次回は、2月11日に放送される。

PICK UP