日向坂46の魅力を芸能界随一のファン3人が解説!涙のドン底時代も明らかに

2月7日放送の『林先生の初耳学』(MBS・TBS系、毎週日曜22:00~)は、45歳以上の人がハマると言われている、日向坂46を特集する。

全国から募集した選りすぐりの知識を、抜き打ちで林修先生に出題。物知りの林先生ですら知らなかったものを“初耳学”に認定する同番組。大政絢が初耳コンシェルジュを務めていて、この日は、スタジオゲストとして、AKIHO佐藤満春どきどきキャンプ)、澤部佑ハライチ)、田村淳ロンドンブーツ1号2号)、中島健人Sexy Zone)、林輝幸、日向坂46(影山優佳加藤史帆佐々木久美富田鈴花渡邉美穂)、宮川一朗太ロイが出演する。

誰もが聞いたことはあるけど詳しくは知らないトレンドワードを深掘りする企画「初耳トレンディ」。今回は、どんな人でもハマってしまうアイドルグループ・日向坂46をテーマに、俳優の宮川、芸人の佐藤、女性YouTuberのAKIHOら芸能界でも随一の日向坂ファンだという3人が、ほかのアイドルにはない日向坂46だけの魅力を掘り下げる。

今やテレビで見ない日はないと言っても過言ではない日向坂46だが、その笑顔の裏には壮絶な歴史が隠されているそうで、5人の日向坂メンバーとともに涙の“ドン底”時代を振り返り、2020年の『NHK紅白歌合戦』の舞台裏など、番組だけのマル秘映像が公開に。

また、ひらめきだけで解ける謎を出題する「松丸亮吾の初耳謎解き学」では、日向坂から佐々木と渡邉が参戦。コロナ禍で売り上げが落ち込むスニーカーブランドや美術館を救った逆転のアイデアが出題される。

なお先週の放送では、「ダルビッシュ有×林先生! 大好評の対談後編」と題して、林先生のメジャーリーガー・ダルビッシュ有選手へのインタビュー後半戦がオンエア。ダルビッシュ選手が大事にする「人をポジティブにする言葉の大切さ」の真意や、日本の野球界全体への熱い思いや自身の引退後について語った。

PICK UP