眞島秀和“夫・晴信”&安達祐実“認知症の妻・雪乃”の夫婦の形とは?

高畑充希が主演を務める『にじいろカルテ』(テレビ朝日系、毎週木曜21:00~)の第3話が、2月4日に放送される。

本作は、東京の大病院から虹ノ村診療所で働くことになったある秘密を抱える内科医・紅野真空(高畑)が、ひょんなことから“オレ様外科医”浅黄朔先生(井浦新)といじられキャラの看護師・蒼山太陽(北村匠海)とシェアハウスすることに。普通の医療ドラマとは一線を画す、ちょっとダメで人間臭い医者たちが、個性豊かな村人たちとともに困難に立ち向かう物語。

先週放送された第2話では、共同生活を送る診療所チームの朝のやりとりに「3人の表情豊かでテンポの良い言い合いカワユイ~」「朔先生と太陽くんのやり取り、可愛すぎていちいちニヤけちゃう~ずっと見ていたい笑」「3人の遠慮のない距離感も良いね」などの声があがった。

<第3話あらすじ>
「私は誰なんでしょうかー?」。ある日突然、虹ノ村診療所に、いつもと様子が違う雪乃(安達祐実)が駆け込んでくる。真空(高畑)のことも、自分自身のことも、“なにもわからない”という雪乃に、衝撃を受ける真空。

朔(井浦)から、雪乃は3年前から“認知症”を抱え、何度もこんな日々を繰り返しながら生きていると告げられ、動揺を隠しきれない真空。雪乃を探して診療所に駆け込んできた、夫の晴信(眞島秀和)のことも、雪乃は誰だかわからない。“治らない病”に対してどう向き合えばよいのか、立ち尽くす真空だが、なぜか朔と太陽(北村)は落ち着いた様子で……?

真空(高畑充希)、太陽(北村匠海)、朔(井浦新)
真空(高畑充希)、太陽(北村匠海)、朔(井浦新)

そんな中、ハイテンションで登場したのは雪乃の幼馴染である嵐(水野美紀)と氷月(西田尚美)。2人は、そのまま真空と雪乃を連れて“ある場所”へ向かう。

真空(高畑充希)、嵐(水野美紀)、雪乃(安達祐実)、氷月(西田尚美)
真空(高畑充希)、嵐(水野美紀)、雪乃(安達祐実)、氷月(西田尚美)

憧れていた人生がある。だけど、どうしようもない現実も、誰にでもある。大人だから、医者だから、諦めようとがんばっても、つらいものはつらい。それでも生きていく。次々に明かされる、嵐や氷月の過去。真空自身も、自らが隠していた“現実”と向き合うことに。

一方、無言のまま、雪乃たちを見送った晴信は、朔や太陽、そして霧ケ谷(光石研)と共に“思い出のカツサンド”を作り始め……。果たして、すべてを忘れてしまった雪乃の運命は……?

画像ギャラリー

PICK UP