「残酷な天使のテーゼ」の作詞家が“18歳年下のトルコ人男性に財産をほとんど貢いじゃった人”として登場!

若林正恭オードリー)と弘中綾香アナウンサーが司会を務める『激レアさんを連れてきた。』(テレビ朝日系、毎週月曜23:15~)が、2月1日に放送される。この日は、“日本を代表する超有名作詞家で印税も数億円あったけど、18歳年下のトルコ人男性に財産をほとんど貢いじゃった人”ことオイカワさんが登場する。

同番組は、あまりにも珍しい“激レア”な体験を実際にした「激レアさん」をスタジオに集め、その体験談を紐解いていくトークバラエティ。この日はゲストの客員研究員として、山之内すず向井慧パンサー)が出演する。

“日本を代表する超有名作詞家で印税も数億円あったけど、18歳年下のトルコ人男性に財産をほとんど貢いじゃった人”ことオイカワさんとは、作詞家の及川眠子のこと。これまで1000曲以上を作詞し、Wink中森明菜松平健、故やしきたかじんさんなどに楽曲を提供。アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』のオープニングテーマ「残酷な天使のテーゼ」も手がける、まさに超一線のスーパーヒットメーカーだ。

「残酷な天使のテーゼ」はカラオケ、パチンコ、アプリ、CMとさまざまなジャンルで長く愛され、世界中でカバーされる人気のナンバー。そのため、印税の額がとんでもないことに。25年以上、年収が3000万円という驚きの発言も飛び出す。作詞家として大活躍と大成功を収めたオイカワさんだが、一方で、稼いだお金のほとんどを18歳年下のトルコ人男性に貢ぎ、預金3万2千円、借金7千万円という事態に追い込まれたことも。オイカワさんのあまりに豪快な半生を見ていく。

2000年、オイカワさんはトルコに一人で観光旅行に出かける。宿泊したホテルの隣に小さな絨毯屋があり、イケメンのトルコ人を発見! 彼こそが当時23歳で、後にオイカワさんを振り回すイアンだ。年齢が離れている上、年上の恋人がいたオイカワさんにとってイアンは恋愛対象にならなかったが、1年後に人生が大きく動き出す。最初のトルコ旅行があまりに楽しくて、再び訪れた際「ワタシ、アナタが好きデス」と告白されたのだ! 若さいっぱに迫るイアンにほだされたオイカワさんは、当時つき合っていた彼と別れ、国境を越えてトルコ人の恋人との遠距離恋愛を始めることに。

ところがイアンはそれから、いろいろな理由を並べてはオイカワさんからお金を引き出そうとしてくる。ときには200万円、ときには3万円、またときには830万円。オイカワさんによると、直接的に「お金をくれ」とは言わず、スーパーでお菓子が欲しくて駄々をこねる子供のように「どうしよう、どうしよう」としつこくわめいたという。めんどうなことが嫌いなオイカワさんは半ば呆れながら、ついトルコに送金していたのだ。

周りから心配されつつ、お金に余裕のあったオイカワさんはどこかこの状況を楽しみ、最初の出会いから5年後、ある理由でイアンと結婚してしまう。夫婦になるとイアンからのお金の要求はますますエスカレート! なんだかんだといってオイカワさんは応え続け、とんでもない金額を一度に払いもしたが、その後2人の暮らしに衝撃的な出来事が待ち受ける。とことん貢いだその先に、オイカワさんが手に入れたものとは?

なお先週の放送では、”職歴ゼロの主婦だったのに39歳ではじめて社会に出て運命に流された結果、ドムドムハンバーガーの社長になっちゃった人”ことフジサキさんが登場した。