馬場ふみか“はる”、神谷健太演じるバンドマン・ユウのライブで複数の女の影を察知

馬場ふみかが主演を務めるドラマL『3Bの恋人』(テレビ朝日、毎週土曜26:30~/ABCテレビ、毎週日曜23:25~)の第3話が、テレビ朝日で1月30日、ABCテレビで1月31日に放送される(テレビ朝日は放送時間の可能性あり)。

同ドラマの原作は、横山もよの累計900万PVを突破したLINEマンガの話題作「3Bの恋人~付き合ってはいけない職業男子との恋遊戯~」。“3B”とは、美容師、バンドマン、バーテンダーという、女性にはモテるけれど、“彼氏にしてはいけない”男性の3大職業を指す。ドラマでは、オトコを信用できない主人公・小林はる(馬場)と“3B”たちの危険な恋が描かれる。

ユウ(神谷健太)、はる(馬場ふみか)
ユウ(神谷健太)、はる(馬場ふみか)

先週放送された第3話では、バンドマン・ユウ(神谷健太)がはるに言った言葉が話題に。インターネット上では「ああああああ……ユウくんイケメンすぎる……3話はただただカッコよかった……」「神谷くんのカッコいい台詞笑っちゃう」「全世界の人に使って欲しい」と反響が相次いだ。

<第4話あらすじ>
「今から付き合えよ」 はる(馬場)の手をつかみ、公園に連れて行ったユウ(神谷)は、自身がボーカルを務めるバンド「Beyond Brooklyn」の初ワンマンライブのチケットを渡す。その話を聞いた職場の先輩・麻美(八木アリサ)は「完全に騙されてる! ライブ会場で、白シャツにスカート、5cm以上のヒール履いてる女は、全員ボーカルの女」と断言。はるは麻美の偏見と思うが、実際にライブ会場を訪れると、白シャツ、スカート、5cm以上のヒールの女が何人もいて……!?

ユウ(神谷健太)、はる(馬場ふみか)
ユウ(神谷健太)、はる(馬場ふみか)

ライブ終了後、白シャツ、スカート、ヒールの女の1人・香奈(永尾まりや)が、はるに近づき、「次はこんなタイプか」と吐き捨てる。ユウは曲作りのために毎回違うタイプの女を選ぶというのだった。その夜、暗い表情でバーを訪れたはるに、バーテンダーのヨシ(桜田通)は……。

画像ギャラリー