高畑充希演じる真空、やる気が空回りして診断ミスから命の危機に!?

高畑充希が主演を務める『にじいろカルテ』(テレビ朝日系、毎週木曜21:00~)の第2話が、1月28日に放送される。

本作は、東京の大病院から虹ノ村診療所で働くことになったある秘密を抱える内科医・紅野真空(高畑)が、ひょんなことから“オレ様外科医”浅黄朔先生(井浦新)といじられキャラの看護師・蒼山太陽(北村匠海)とシェアハウスすることに。普通の医療ドラマとは一線を画す、ちょっとダメで人間臭い医者たちが、個性豊かな村人たちとともに困難に立ち向かう物語。

先週放送された第1話では、真空が多発性筋炎/皮膚筋炎という病気にかかり、東京にある大病院を辞めることに。無職となり落ち込む真空は、偶然、東京に来ていた虹ノ村役場で働く霧ケ谷桂(光石研)と出会ったことがきっかけで、虹ノ村診療所で働くことに。外科医の朔先生(井浦)や看護師の太陽(北村)はじめ、温かく迎え入れてくれた村の人たちと親交を深めていく中、ある危機的状況に陥る。

インターネット上では、真空が病気のことを打ち明けたラストシーンに多くの反応が。「病気に負けず真空さんが前向きに生きようとする姿勢や、周りの方々の優しさに心震えました」「クスクス笑ってると思ったら、いつの間にか大笑いしてて、今度は泣いてて感情が忙しかった」「1話からこんなに泣いたドラマは初めてです! 特に充希ちゃんの演技に惹き込まれました!」などのコメントが寄せられた。

<第2話あらすじ>
「わたし、嘘をついていました」。
ついに秘密を告白した内科医・真空(高畑)だが、“医者で患者、最強じゃん?”という温かい言葉と共に、改めて、虹ノ村診療所での日々がスタートする。

村の生活になじんでいく真空(高畑充希)
村の生活になじんでいく真空(高畑充希)

翌朝、虹ノ村診療所には衝撃の大行列がズラリ!? 待望の内科医の登場に、お年寄りたちは大はしゃぎ。孫についての悩みや、畑で獲れた冬瓜のプレゼントなど、診察に関係ないことまで、熱心にじっくり向き合い、寄り添う真空。往診先で出会った一人暮らしのおばあちゃん、佐和子(水野久美)からも、スマホを買ったが話す相手がいないと相談され「いつでも話し相手になる」と申し出てしまい、さっそくかかってきた電話にも丁寧に対応する始末。

期待に応えたい、と張り切る真空だが、その要領の悪さに、患者の待ち時間は増える一方……。朔(井浦)と太陽(北村)の心配は募って行く。

連日の診療所の大行列に、真空自身の体調も密かに悪化してゆくが、仲間に頼ることができずにいる真空。そんなある日、ある患者の“優しい嘘”を見逃してしまう……!

まさかの診断ミス、救えるはずの命が危機に……? 人の絆を大切にしたいだけ。なのに仲間を思う心はすれ違う。果たして、3人は消えゆく命を救い、チームになることができるのか……?