山口紗弥加演じる英語教師がマタハラ被害に!犯人は生徒?『青のSP』第2話

藤原竜也が主演を務めるドラマ『青のSP(スクールポリス)ー学校内警察・嶋田隆平ー』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜21:00~)の第2話が、1月19日に放送される。

学校内警察(スクールポリス)が試験的に導入されたという設定のもと、公立赤嶺中学校にスクールポリスとして配属された嶋田隆平(藤原)が、校内外で起こるさまざまな問題に立ち向かう学園エンターテインメント。隆平が着任する赤嶺中学校3年1組の担任で国語教師の浅村涼子を真木よう子、隆平の後輩刑事・三枝弘樹を山田裕貴が演じる。

三枝弘樹(山田裕貴)
三枝弘樹(山田裕貴)

前回の第1話では、隆平が着任早々、校内で事件が発生し、生徒2人が逮捕されてしまう。相手が中学生だろうが容赦ない言葉を浴びせる隆平に「彼の予想外の冷徹な言動は見ていてスカッとした人も多いのでは」「(藤原が)最高でした。求めていた警察官ですね しかも制服がめちゃくちゃ似合う」「結構メッセージ性強いドラマだなぁと思う」などと絶賛の声があがっていた。

<第2話あらすじ>
スクールポリスが導入された赤嶺中学校で、警察官の隆平(藤原)が着任して早々に、生徒が逮捕されるという衝撃の事件が発生。生徒たちは動揺し、校内ではスクールポリスに対する賛否が渦巻いていた。そんななか、妊娠3か月の英語教師・水野楓(山口紗弥加)の机の引き出しからネズミの死骸が発見される。どうやら校内には教師の妊娠を快く思わない人物がいるようで、楓は以前から嫌がらせを受けていたという。

英語教師・水野楓(山口紗弥加)
英語教師・水野楓(山口紗弥加)

普段から楓を母親のように慕う3年1組の成田千佳(田畑志真)は、犯人捜しに躍起になり、涼子(真木)もまた、2組の生徒たちが担任である楓の妊娠に嫌悪感を抱き、SNSの裏アカで楓とおなかの子の不幸を願うような書き込みをしていることを知り、ショックを受ける。

やがて千佳は、楓の悪口を言っていたという大林優也(荒木飛羽)を犯人だと決めつけ、食ってかかる。しかし、これがある騒動を巻き起こし、責任を感じた楓は産休も育休もそこそこに、生徒のために働くと宣言するが……。

その頃、隆平は、理科教師の青木祐志(渋谷謙人)から、亡霊の謎について聞かされ……。

画像ギャラリー