池脇千鶴演じるアラフォー女性、超高齢熟女専門BARの扉を開き…『その女、ジルバ』

池脇千鶴が9年ぶりに連ドラ主演を務めるオトナの土ドラ『その女、ジルバ』(東海テレビ・フジテレビ系、毎週土曜23:40~)が、1月9日より放送スタートする。

「第23回手塚治虫文化賞マンガ大賞」を受賞した有間しのぶによる話題作が原作。人生を諦めかけていた40歳の笛吹新(池脇)が、超高齢熟女BAR「OLD JACK&ROSE」の扉を開き、どんな時代も明るくポジティブに生きてきた熟女ホステスたちの影響をうけ、前向きに歩み始める物語。

笛吹新(池脇千鶴)は超高齢熟女BAR「OLD JACK&ROSE」で働くことに
笛吹新(池脇千鶴)は超高齢熟女BAR「OLD JACK&ROSE」で働くことに

池脇のほかに、ママ・草笛光子、熟女ホステス・中田喜子久本雅美草村礼子、マスター・品川徹、元ホステス・中尾ミエ、新の職場仲間として江口のりこ真飛聖山崎樹範らが出演する。

<第1話あらすじ>
百貨店のアパレル店員として働いていた笛吹新(池脇)は、結婚直前に恋人に逃げられた上、倉庫勤務に左遷され夢も希望もない毎日。迎えた40歳の誕生日も朝からロクなことがなく、お先真っ暗……。ところが“年齢40歳以上”という不思議な求人募集につられて入った一軒の店との出会いが、新の人生を大きく変えることになる。アラフォー女性が飛び込んだ超高齢熟女バーの世界で繰り広げられる、笑いと涙の超絶エンターテインメント、開幕!!

PICK UP