武井咲“元子”、渡部篤郎演じるCEOに復讐目論む男に悪女の囁き「その程度でいいの?」『黒革の手帖~拐帯行~』

武井咲が3年ぶりにドラマ復帰を果たすドラマスペシャル『黒革の手帖~拐帯行~』(テレビ朝日系)が、1月7日(木)20時から放送される。

メガバンクから横領した1億8千万円と借名口座のリストが記された“黒革の手帖”を武器に、銀座の頂点に上り詰めた元子(武井)だったが、連ドラ最終話では彼女のもとへも警察の手が……。それから3年の時が経ち、刑期を終えた元子は古都・金沢へ。誰も自分を知ることのない地で“稀代の悪女”が再び頂点を目指し、はい上がっていく!

今作には、仲里依紗演じる元子のライバルでもあるホステス・山田波子、高畑淳子演じる「楢林クリニック」の看護師長であり、院長・楢林謙治の愛人でもあった中岡市子、そして高嶋政伸演じる「上星ゼミナール」の理事長で元子とは浅からぬ縁のある橋田常雄といった、連ドラでも強烈な存在感を放っていたキャスト陣が再登場。ますますパワーアップした姿で、元子の前に現れる。

さらに、渡部篤郎演じる総売上1千億円を誇る神代ソリューションズのCEO・神代周吾をはじめ、毎熊克哉演じる派遣社員の森村隆志、安達祐実演じる金沢の高級クラブ「アルテローズ」のママ・板橋レイナ、風間杜夫演じる男性・佐藤良樹も、元子の人生に大きな影響を及ぼしていくことに。新たな共演陣がドラマにどのような彩りを与え、物語を紡ぎ出していくのか、期待が高まる。

<武井咲 コメント>
3年ぶりとなる『黒革の手帖』を、いよいよ皆さんにお届けする日がやってきました。もちろん「自信を持ってお届けできる!」という気持ちではあるのですが、作品って皆さんに受け取っていただいて初めて成立するものでもあるので、私個人としては、やはり不安な思いや怖いなという思いもあって、今はドキドキでいっぱいです。

今回、こうして再び原口元子を演じて、松本清張作品が代々受け継がれている理由や魅力を再確認できましたし、元子って“悪女”なのに、演じていてこんなにも気持ちがいいものだったんだ、とあらためて感じることができました。幅広い世代の方々が、それぞれの年代でどのようにこの作品を受け取ってくださるのか、その反応をまたお聞かせいただけるのが楽しみです。

『黒革の手帖』は、私の人生の大事なポイントで携わらせていただいてきた、とても大切な作品。ドン底まで落ちたはずの元子がまた這い上がってくる様を、楽しんで演じることができました。皆さんも、そんな元子の姿を見て楽しみ、そしてパワーをもらっていただけたらうれしいです。

2021年という新しい年が始まりました。大変な年だった2020年から、まだまだ大きく変わることはないかもしれませんが、この状況にしっかりと向き合って、少しでもポジティブに、そして優しい気持ちを持ちながら日々を過ごしていけたら、と思います。

<あらすじ>
3年前、横領と恐喝の容疑で逮捕され、その後実刑判決を受けた原口元子(武井)。刑期を終え、出所した後、スーパーのパートとして出直そうとするも、運悪く「楢林クリニック」の看護師長・中岡市子(高畑)と遭遇してしまうなど、うまくいかない日々が続いていた。

このまま東京にいるよりは、誰も自分のことを知らない土地で再出発しようと考えた元子は古都・金沢へ。偶然再会した「上星ゼミナール」の理事長で、元子とも因縁の深い橋田常雄(高嶋)を通じ、日本屈指のITビジネス経営者で総売上1千億円を誇る神代グループCEO・神代周吾(渡部)を紹介してもらうと、彼が経営する高級クラブ「アルテローズ」でホステスとして働き始める。

天賦の才能と魅力であっという間に頭角を現し、ママを任されることになった元子。それまで「アルテローズ」でママを務めていた板橋レイナ(安達)はもちろん怒り心頭。さらには銀座時代のライバルでもある山田波子(仲)までも現れて……。

そんなある日、神代を訪ねて森村隆志(毎熊)という男が「アルテローズ」にやってくる。両親が営んでいた喫茶店を閉店させた上、父親を自殺に追い込んだ神代に復讐したいという森村。顧客データを流出させ、金を得た森村に対し、元子は「その程度の復讐でいいのか」と尋ね……?

その後、ある出来事をきっかけに逃避行を余儀なくされた元子と森村。死を覚悟して行きついた海沿いにある静かな旅館での佐藤良樹(風間)とその妻との出会いによって、元子の人生は再び大きく動き始める!

PICK UP