有吉弘行、トゲトゲしい態度になってしまう出演者を明言!大久保佳代子も「そういう人が来た時の空気すごい」と証言

公開:

モデルの長沢美月が、12月19日放送の『有吉反省会』(日本テレビ系、毎週土曜23:30~)に出演し、「あるものに昔からドはまりしていて、本業そっちのけになっていること」を反省した。

有吉弘行が司会を務める同番組では、ゲストの「反省人」たちが過ちを告白&懺悔。毒舌タレントが「反省見届け人」として参加し、最後に反省人が行う「禊」を見届ける。今回の反省見届け人は、バカリズム大久保佳代子博多大吉

人気パチンコ台のイメージガールに選ばれ、『ズームイン!!サタデー』(日本テレビ系)でも活躍中の長沢が、あるものに昔から夢中であると告白。長沢がドはまりしているのは電卓で、自身のSNSでも数々の電卓コレクションをアップしているのだという。

長沢は電卓を収納する専用のキャビネットまで購入しており、その魅力について「押した時の感触と、ポチポチと音が鳴る。その音がすごい好き」と力説。マネージャーによれば、電卓にまつわる仕事を優先したり、宣材写真に電卓を合成したりと、長沢の“電卓愛”は本業のモデルの仕事に支障をきたすほどだとか。

スタジオでは、3万円もする高額の電卓や、看護師用の電卓、ライターの付いた電卓など、自慢のコレクションを披露。喜々として電卓トークに花を咲かせる長沢に対し、バカリズムも「今までで僕、一番興味深かったですね。本当面白かった。もっと見たかった」と関心を示していた。

また、有吉も「この番組によく出てくる、無理やり何かを集めて話題にする人じゃないね。本当に(電卓が)お好きだなっていうのが伝わりますから、我々もあんまりトゲトゲしくないと思います」と説明。大久保は「そういう人が来た時の空気すごいからね」と補足し、バカリズムも「地獄みたいな冷たさ」と例えて笑わせていた。

出演者に“電卓愛”を認められた長沢への禊は「誰も計算したことのない事をひたすら電卓で計算」に決定。有吉から「ただ触ってるだけじゃなくて、やっぱり計算したほうが人の役に立つから」と促された長沢は、アイドルとして13年間働いてきたレギュラー反省人のぱいぱいでか美の生涯収入を計算することに。

禊当日、ぱいぱいの自宅にやってきた長沢は、まずぱいぱいがこれまでに購入してきたアイドルグッズの合計金額の計算で肩慣らし。そして、本番の生涯収入では、事務所の資料をベースに計算をしていき、最終的に5時間かけてはじき出したぱいぱいの過去13年間の収入が2513万円であることが判明。喜ぶぱいぱいの姿を見た長沢は「電卓を使って人の役に立てたっていうのが嬉しいです」と満足していた。

インターネット上には「企業とコラボ電卓を作りたい」という長沢への応援メッセージなども到着。「オタク感あふれる電卓愛が感じられて好感度めちゃ上がってる。コラボ電卓作ってあげて」「長沢美月さんが面白すぎる。ぜひ何かコラボしてほしい」などのコメントが寄せられていた。

次回12月26日の放送は、元サッカー選手の中澤佑二が登場する。

PICK UP