板垣瑞生“真夏”&松井愛莉“あみ”、ラブラブデートシーンに視聴者悶絶「リピ決定」『社内マリッジハニー』第6話

板垣瑞生松井愛莉がW主演を務めるドラマ特区『社内マリッジハニー』(MBS、毎週木曜24:59~ ※関西ローカル)の第6話が、12月17日に放送。インターネット上では晴れて本当の夫婦となった三浦真夏(板垣)と春田あみ(松井)のデートシーンに、「幸せすぎるだろ~」「デートシーン良すぎてリピ決定」といった声が寄せられた(以下、ネタバレが含まれます)。

原作は、女性を中心に多くの支持を集め、売上累計70万部を突破した藤原えみの大人気コミックが原作。彼氏に浮気をされて婚約を解消し、自暴自棄になった主人公・あみ。婚活アプリで見かけた男性・真夏の「即日結婚してくれる女性を募集します」という投稿が目に止まり、そのままやけくそになって結婚してしまうところから始まるラブコメディ。

真夏との甘いバースデーを過ごしたあみは、会社の同僚におのろけ全開……も初めてとなる真夏の母親との対面がちょっぴり不安。さらに深く愛し合いたいあみだったが、真夏が「子供できたら困るでしょ」と言ったことが、心に影を落とす。

あみ(松井愛莉)、山形(押田岳)
あみ(松井愛莉)、山形(押田岳)

あみは「真夏さんは子供欲しくない人なんですよね?」と恐る恐る切り出し、「本音はいつか真夏さんとの子供が欲しいと思っています」と打ち明ける。あみのまっすぐな気持ちに真夏はためらいながらも「俺の本音は」と言うと「俺もいつかあみちゃんとの子供欲しいと思っているよ」と答える。真夏の発言が、あみのことを大切に思ってのことだと分かると、真夏&あみ夫婦のラブラブレベルはさらに上昇する。本音を語り合う2人に「お互いちゃんと向き合える素敵な夫婦」「思い愛夫婦」「羨ましすぎる……」とネット上では称賛の嵐。

あみ(松井愛莉)は真夏(板垣瑞生)の実家へ
あみ(松井愛莉)は真夏(板垣瑞生)の実家へ

そして、いよいよ真夏の実家に行く日がやってくるが、そこで待っていたのは、凛とした佇まいの母。緊張したあみは、第一声で「お世話になりましゅ」と噛んでしまうと、一気に場が和む。

真夏が急に結婚したことを、自分のためかと気をもんでいた母に、真夏は「あみちゃんと結婚して本当に良かったと思っているよ。あみちゃんは俺にとってかけがえのない人。一生共にできると思った人」と思いの丈を述べる。

その言葉に笑顔を見せる母。あみも「私、真夏さんと結婚できて本当に幸せです。真夏さんを産んでくれて本当にありがとうございます」と感謝し抱き合う。微笑ましい2人を見つめ、涙目になる真夏。

そこから真夏とあみのラブラブシーンが、主題歌と共にカットバックで展開すると、ネット上は「幸せすぎるだろ~」「いちゃいちゃシーンたくさん^^」「甘すぎる!!」「デートシーン良すぎてリピ決定」と大興奮。

あみ(松井愛莉)、真夏(板垣瑞生)
あみ(松井愛莉)、真夏(板垣瑞生)

「今度はあみちゃんの実家に行く準備しなきゃ」という真夏に、あみは指輪を見つめ「実家帰ったらお母さんに指輪自慢するんだ」とつぶやく。そこからは「真夏さん、私の旦那さんになってくれてありがとうございます」「こちらこそ奥さん」と、愛し合う2人だった。

次回12月24日は最終話。あみは真夏からもらった指輪を無くしてしまう。実家に挨拶に行くも心ここにあらずで……。

画像ギャラリー

PICK UP