マツコ、世界に誇る日本のチョコレートケーキを食べ尽くす!美味しいお取り寄せ商品も紹介

マツコ・デラックスも“知らない世界”をその道を愛してやまないスペシャリストが紹介していくバラエティ『マツコの知らない世界』(TBS系、毎週火曜20:57~)。12月22日の放送は、日本が世界に誇る「チョコレートケーキの世界」に迫る。

「クリスマスにはチョコレートケーキを食べてもらいたい!」と語るのは、今回「チョコレートケーキの世界」を教えてくれるサントス・アントワーヌさんと、佐藤ひと美さん。

サントスさんは16歳でパティシエの修行を始め、スイス、ロンドン、パリなどの名店を渡り歩き、飴細工を学びたいと28年前に来日。その後、日本人女性と結婚して東京で店を開き、6年前に世界最大のチョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ」で金賞を獲得した天才パティシエだ。

一方、佐藤さんは子供の頃からチョコレートが大好きで、20歳から年間700個のチョコレートケーキを食べ続け、スイーツライターとなった女性。サントスさんとはイベントで出会い、お互いの存在を認め合う仲良しだという。

今回、サントスさんがチョコレートケーキ大国、フランスと今の日本を比較しつつ、造形美、トロトロ感、そして豊かな香りのテーマごとに日本のオススメケーキをピックアップ。佐藤さんは、お取り寄せで美味しいチョコレートケーキを選りすぐって紹介する。冷凍から解凍するにつれ味が変化するモノやオーブントースターで温めるモノなど、新しい情報が飛び出す。

さらに、サントスさんがマツコために作った特別なチョコレートケーキをスタジオで披露。世界に誇る日本のチョコレートケーキをマツコが食べ尽くす。

なお、前回の放送では、マツコが「レンコンの世界」と「ゲーム建築の世界」に迫った。