仲里依紗“まり”と阿部サダヲ“丸太郎”がついに一線を越える!?衝撃的な提案とは?『恋する母たち』第8話

木村佳乃が主演を務める金曜ドラマ『恋する母たち』(TBS系、毎週金曜22:00~)の第8話が、12月11日に放送される。

迷える母たちの恋愛と友情を描き、「女性セブン」(小学館)で2017年から2020年7月まで連載された柴門ふみの同名漫画を、恋愛ドラマの名⼿・大石静の脚本でドラマ化。子供を同じ名門校に通わせる3人の母親が、再び女性として恋に落ちてしまう瞬間を描くリアルなラブストーリー。

杏(木村佳乃)、斉木(小泉孝太郎)
杏(木村佳乃)、斉木(小泉孝太郎)

木村演じる石渡杏は、ある日突然夫が失踪し、それ以来シングルマザーとして息子を育て、有名進学高校の麻蔵学園高校に入学させたという役どころ。杏の息子の同級生の母親役で吉田羊仲里依紗が出演する。

先週放送された第7話では、林優子(吉田)と赤坂剛(磯村勇斗)のタクシー内でのやりとりが話題に。赤坂が優子の手を握ると、優子もその手を握り返す。しかし、何をするでもなくタクシーを降り、千葉へと帰っていく優子を赤坂が目で追うシーンに、インターネット上では「優子さんと赤坂くん切ない 追いかけたいけど、追いかけれないよね」「タクシーのシーンが切なくて切なくて切なくて……どうか幸せになって欲しい」といった声があった。

<第8話あらすじ>
杏(木村)と斉木(小泉孝太郎)が結婚した。週刊春潮を辞めた斉木は、一級建築士を目指している。犬を飼う生活に憧れていた杏は、彼の家で犬と一緒に幸せな新婚生活をスタートさせ、息子の研(藤原大祐)は、自分の意思で慎吾(渋川清彦)と綾子(夏樹陽子)と一緒に暮らすことに決めた。

優子(吉田羊)、まり(仲里依紗)
優子(吉田羊)、まり(仲里依紗)

まり(仲)は綾子の会社のストーンビューティーのモデルとして、通販番組「お買い物チャンネル」で活躍していた。イキイキと働くまりに夫の繁樹(玉置玲央)は、妻の魅力を再認識するが、まりの心には丸太郎(阿部サダヲ)しかいなかった。そんなまりは、意を決して丸太郎に衝撃的な提案をする。

一方、千葉での仕事も順調な優子(吉田)のもとに与論島にいる夫のシゲオ(矢作兼)から「大介を題材にした新しい小説を書き始めた」と連絡が入った。さっそく読んだ優子は嬉しさのあまりシゲオに電話をすると、息子の大介(奥平大兼)とも久々に会話をする。ぶっきらぼうながらも正月に会う約束をした2人は、少し距離が縮まっていた。

研(藤原大祐)、大介(奥平大兼)、繁秋(宮世琉弥)
研(藤原大祐)、大介(奥平大兼)、繁秋(宮世琉弥)

その頃、綾子の会社で働き始めた慎吾にはある変化が起きていた。そして、杏と斉木、まりにも新たな転機が訪れる……。

物語は2020年に。母たちの新しい生活が始まろうとしていた。

画像ギャラリー

PICK UP